RSS | ATOM | SEARCH
2017年11月19日主日礼拝

20171119(No.34)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          ヨハネによる福音書4章23節(8)

頌  栄    4

交読詩編   詩篇77編5 〜16 節       83頁

祈    り

聖  書    出エジプト記6章2〜13節    101頁

マルコによる福音書13章3〜13 節 88頁

讃 美 歌      152

説  教  「福音が伝えられるために」横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   516

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

音楽伝道集会「歌のたまてばこPart2〜宗教改革とクリスマス〜」130分〜

夕礼拝   18時〜19

故藤澤喜久以姉埋骨式(於:花岡平墓地)21日(火)10時より

祈祷会日23日(木)マタイによる福音書13章1〜16節の学びと祈り

◇牧師出張25日(土)〜27日(月)教区伝道委員として静西分区問安

清 掃   日25日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年11月26日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書6113節、ルカによる福音書71823

説  教:「あなたを待っていました」 今井 裕子伝道師(長野県町教会)

交読詩編:詩編892030節  讃美歌:2552116926

教会学校 午前930分〜10時   

今井裕子先生とのお茶の会  礼拝後 

大掃除   お茶の会の後

夕礼拝  牧師不在のため休会      

◎次々週の讃美歌:25、229、226、81、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 6  21   0 27    教会学校  0   0   0

祈 祷 会  2   2   0  4   夕 礼 拝   0  0   0

☆おしらせ

*いよいよ本日、音楽伝道礼拝「歌の玉手箱―Part2―」(講師:汐碇直美先生)が行われます。宗教改革やクリスマスの歌を共に歌います。ぜひ、準備などにご協力ください。軽食の用意があります。

*25日(土)より横井牧師は教区の伝道委員として西静分区諸教会(浜松教会・浜北教会・袋井教会)を問安いたします。26日の主日は袋井教会の講壇奉仕をいたします。お祈りください。なお、東京在住の病床の教会員をお見舞いするため、27日(月)まで出張します。お祈りください。

*次週礼拝後、大掃除を行います。ご協力をお願いいたします。

*来年の「星野富弘カレンダー」や「聖句入り日めくりカレンダー」などの購入を希望される方は、所定の用紙にてお申し込みください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

*クリスマスに洗礼を受ける希望をお持ちの方、あるいは転入会の希望をおもちの方はお早めに牧師までご相談ください。

●先週の説教より マルコによる福音書121827

 「復活」ということは自然現象ではない。死んだら機械的にそうなるということでもない。「復活」ということは神様の偉大な恵みの力によってなされるものである。私たちのうちには神の御国に入る力も資格もない。しかし、その私たちのために神様は全能の力を発揮されたのである。主なる神がアブラハムと契約を結ばれた時のように、御子キリストが十字架の上でその体を裂き、血を流して、私たちとの新しい契約を締結してくださった。この神の御業によって私たちは神の御国に入り、天使のように、ただ神を礼拝し、神に仕える者として生き続けるのである。神の恵みの力はもう既に私たちをとらえている。そこに私たちの幸いがある。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 10:16
-, -, - -
2017年11月12日主日礼拝

20171112(No.33)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

前  奏    

招きの言葉          マタイによる福音書11章28節(7)

頌  栄    83

交読詩編   詩篇105編1 〜15 節       115頁

祈    り

聖  書    創世記15章1〜18 節    19頁

マルコによる福音書12章18〜27 節 86頁

讃 美 歌      464

説  教  「神の約束に信頼を置いて」横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   510

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(詩篇146篇)礼拝後

夕礼拝   18時〜19

北信分区牧師会(於:松代教会)13日(月)10時30分〜14時30分

三教会(県町・本郷・長野)墓地協議会(於:長野本郷)14日19時30分〜

祈祷会日16日(木)マタイによる福音書12章46〜49節の学びと祈り

婦人会ハンドベル練習 18日(圡)10時30分〜正午 

音楽伝道集会準備  18日(圡)13時〜14時

清 掃   日18日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年11月19日(日)午前10時20分より 

聖  書:出エジプト記6213節、マルコによる福音書13313

説  教:「福音が伝えられるために」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編77516節  讃美歌:415251627

教会学校 午前930分〜10時   

音楽伝道集会「歌のたまてばこPart2 宗教改革とクリスマスの歌」13時〜16

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:25、521、169、26

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男   女                                      

主日礼拝  7  22   2 31     教会学校  0   2   2

祈 祷 会   2  2   0  4   夕 礼 拝   0  0    0

☆おしらせ

*次週11月19日(日)に行われる音楽伝道礼拝「歌の玉手箱―Part2―」(講師:汐碇直美先生)にぜひ、ご家族やお友達をお誘いください。宗教改革やクリスマスの歌を共に歌います。伝道委員会からご奉仕を依頼された方はよろしくお願いいたします。

*11月3日に北信キリスト教協議会(超教派)の総会が行われ、会長に横井伸夫牧師が、副会長に丁司祭(聖公会)と藤田神父(カトリック)、書記に伊藤智牧師(長野本郷教会)・崔和植牧師(在日大韓教会)、会計に中村勝兄(聖公会)、松村隆兄(豊野病院)が選出されました。

*来年の「星野富弘カレンダー」や「聖句入り日めくりカレンダー」などの購入を希望される方は、所定の用紙にてお申し込みください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*クリスマスに洗礼または転入会を希望される方はお早めに牧師までご相談下さい。

*長老会報告があります。

●先週の説教より 創世記4章115節、マルコによる福音書71423

 罪とは神様との関係の喪失であるとともに、人間どうしの関係の喪失である。神様の御心を

受け止めることができなかったカインは兄弟アベルを殺してしまい、人間関係をも喪失して、「さすらう人」となる。私たちも無意識のうちにこのカインの罪を受け継いでいる。しかし、神様は私達を見捨ててはおかれない。神様は主イエス・キリストをこの世に送られ、主イエス・キリストがご自身を犠牲にされて、私たちを罪の縄目から解き放ってくださったのである。

私たちがキリストのものとされる時、私たちは神様との関係(縦軸)と人間どうしの関係(横軸)が正される。神様を心から愛し、隣人を自分自身のように愛する方向に向かうのである。しかし、私たち人間はこの世を生きる間は不完全な弱いものである。だからこそ「主よ、罪深いわたしを憐れんでください」と祈り、十字架の主を仰ぎながら生きることが大切である。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:39
-, -, - -
2017年11月5日主日礼拝

2017115(No.32)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          詩篇124篇8節(6)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇51編1 〜11 節       55頁

祈    り

聖  書    創世記4章1〜15 節         5頁

マルコによる福音書7章14〜23 節 74頁

讃 美 歌      441

説  教  「人の中から出てくるもの」横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   18

聖  餐   81     

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

定例長老会  1230

夕礼拝   18時〜19

牧師教誨奉仕 7日(火)17時30分〜18時30分

祈祷会日9日(木)マタイによる福音書12章38〜45節の学びと祈り

清 掃   日11日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年11月12日(日)午前10時20分より 

聖  書:創世記15章1〜18節、マルコによる福音書121827

説  教:「神の約束に信頼をおいて」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編105115節  讃美歌:8346451028

教会学校 午前930分〜10時   

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(詩篇146篇)  礼拝後

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:4、152、516、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 7  21   0 28    教会学校  0   0   0

祈 祷 会 2 2  0 4   夕 礼 拝   2   1   3

☆ 献金受領感謝(敬称略):8名の方々より合計112,000円の感謝献金が献げられました。

☆おしらせ

*11月19日(日)に行われる音楽伝道礼拝「歌の玉手箱―Part2―」(講師:汐碇直美先生)のチラシが出来ました。ぜひ、ご家族やお友達をお誘いください。宗教改革やクリスマスの歌を共に歌います。

*来年の「星野富弘カレンダー」や「聖句入り日めくりカレンダー」などの購入を希望される方は、所定の用紙にてお申し込みください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

●先週の説教より マタイによる福音書20116

 主イエス・キリストが語られた「天の国の譬え」は、私たちには非常識のように聞こえる。

この譬えの「主人」は、朝から晩まで葡萄園で働いた者と夕方5時くらいに来て1時間くらいしか働かなった者とに同じ賃金を支払った。これはこの主人の深い憐れみによるところであった。この主人は「神様」である。神様は常に私達をご自身の葡萄園に働く労働者として雇おうとしておられる。どんなに遅れようとも、たとえ僅かであっても神の支配の中に身を置いてほしい、と神様は願っておられる。そして長い時間働いた者にも、わずかしか働かなった者にも同じように恵みを与えようとされる。この譬えで言われている「報酬」とは、「永遠の命」という神様の恵みである。主イエス・キリストは、神様の御子であられ、「最初の者」あられたのに、ご自身を貧しい者、小さい者とされ、私たちのために十字架について命を献げてくださった。このキリストの奉仕によって私たちは救われたのである。そして私たちはキリストの者となり、神に仕える。このことを神様は喜んでおられる。私たちも喜びをもって主に仕えよう。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:32
-, -, - -
音楽伝道集会「歌の玉手箱2~宗教改革とクリスマス〜」のご案内

7月に行った「歌の玉手箱」(講師:汐碇直美先生)の第二弾。宗教改革やクリスマスの歌を歌います。ぜひ、ご出席ください。

author:長野教会, category:これからの催し, 09:46
-, -, - -
2017年10月29日主日礼拝

20171029(No.31)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          イザヤ書43章1節(5)

頌  栄    83

交読詩編   詩篇90編13 〜17 節      101頁

祈    り

聖  書    コヘレトの言葉3章1〜13 節    1036頁

マタイによる福音書20章1 〜16 節 38頁

讃 美 歌      91

説  教  「この最後の者にも、同じように」

               横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   516

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

クリスマス委員会(長老会・礼拝委員会・伝道委員会合同)礼拝後

会堂管理委員会  クリスマス委員会後

夕礼拝   18時〜19時   

三教会墓地協議会(於:長野本郷教会)31

祈祷会日2日(木)マタイによる福音書12章33〜37節の学びと祈りの交わり

北信キリスト教協議会総会(於:長野聖救主教会)3日14時より

故宮岡恒雄兄埋骨式  4日(土)

清 掃   日4日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝  2017年11月5日(日)午前10時20分より 聖餐式執行

聖  書:創世記3113節、マタイによる福音書2016

説  教:「人の中から出てくるもの」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編51111節  讃美歌:25441188129

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校 午前930分〜10時   

定例長老会  礼拝後

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:83、464、510、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男  女                                       

主日礼拝 8  25   2 35    教会学校   0  2  2

祈 祷 会  1  3  0  4   夕 礼 拝   0  0  0

☆ 病床洗礼式が執行されました。現在東京のがん研 有明病院の緩和病棟に入院中の姉妹に対して23日(月)横井牧師司式により洗礼式と聖餐式が執行されました。

☆おしらせ

*先週のバザーでは皆様のご協力により、たくさんの恵みを分かち合うことができました。感謝いたします。教会学校の子供たちから教会全体で取り組めました。台風のための悪天候でしたが初めて教会に来られた方もあり、伝道の業となりました。これからも祈りつつ、伝道の業に取り組んでいきましょう。

*11月19日(日)に行われる音楽伝道礼拝「歌の玉手箱―Part2―」(講師:汐碇直美先生)のチラシが出来ました。ぜひ、ご家族やお友達をお誘いください。宗教改革やクリスマスの歌を共に歌います。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

◆会堂提供:ゴスペル・クワイヤ 本日15時〜17時

●先週の説教より マタイによる福音書25113

 「だから、目を覚ましていなさい。あなたがたは、その日、その時を知らないのだから。」

と主イエスは語られた。主イエスはご自身の再臨を「婚礼」にたとえて語られた。それは私達が尽きることのない喜びに招いてくださっておられるということを示されるためである。実際の婚礼が行われる前から、私たちは喜びの中に置かれている。そして私たちは主から託された業を担いながら、主の再臨の時を待つのである。しかし、主の再臨が遅くなっていく時、私たちはいつのまにか「眠ってしまう」のである。人生の苦難や社会の混乱が私たちの信仰を眠らせてしまう。しかし、再臨の日、「さあ、出迎えなさい!」との声がかかると、その日に希望をかけていた者は喜びをもって主を迎えることが出来る。祈りつつ、主を待つ備えをしていこう。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:31
-, -, - -
2017年10月22日主日礼拝

20171022(No.30)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉        マタイによる福音書11章28節(7)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇36編1 〜10 節     38頁

祈    り

聖  書    イザヤ書33章17〜22 節      1113頁

マタイによる福音書25章1 〜13 節 49頁

讃 美 歌      230

説  教  「壺に油は入っているか」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   474

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    24

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

教会バザー  13時〜15

夕礼拝   18時〜19

北信キリスト教協議会教職者の会(於:長野本郷教会)19時〜

祈祷会日26日(木)マタイによる福音書12章22〜32節の学びと祈り

清 掃   日28日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年10月29日(日)午前10時20分より 

聖  書:コヘレトの言葉3113節、マタイによる福音書2016

説  教:「この最後の者にも、同じように」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編901317節  讃美歌:839151627

教会学校 午前930分〜10時      

クリスマス委員会(長老会・礼拝委員会・伝道委員会合同)礼拝後

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:25、441、18、81、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝  6  20   2 28    教会学校  0  0   0

祈 祷 会   2 3  0  5   夕 礼 拝  0  0  0

文語訳聖書を学ぶ会 男1、女14 計15

☆おしらせ

*礼拝後に教会バザーを行います。物品の販売・購入などご協力ください。軽食を用意しております。このバザーは共同墓地建設のため、また、被災地救援支援のために用いられます。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

●先週の説教より マタイによる福音書211832

 主イエス・キリストは飢えられていた。何に飢えられていたのか。神の民イスラエルが神様に喜ばれる実りを実らせていなかったからである。神殿が祈りの家とならず、人々は形式的なところに囚われて、心が神様から離れてしまった。神様に信頼し、期待し、救いを待ち望むのではなく、自分で自分を救おうとし、また、自己保身ばかりを考えてしまっているが故に、本来実るべき「霊の実り」を見ることが出来ないのである。主イエスは、主イエスの言葉によっていちじくの木が枯れたのを見て驚く弟子たちに、主イエスは「はっきり言っておく。あなたがたも信仰を持ち、疑わないならば、いちじくの木に起こったようなことができるばかりでなく、この山に向かい『立ち上がって、海に飛び込め』と言っても、そのとおりになる。信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。」と語られた。

 「信仰を持ち、疑わないならば」というのは、神様の御心を尋ね、その御心は必ず実現すると信頼し続けることを意味している。自分の願いに固執するのではなく、神様の御声を聞き取り、その御言葉に従うところで、私たちは偉大な神様の御業を仰ぐことが出来るのである。主イエス・キリストは神様の御心を受け止め、私たちのために十字架の苦しみを耐え忍ばれた。そのことによって、「罪」という大きな山が動き、私たちは罪の赦しと復活の希望に生きることが出来るようになった。神様を信じて、御言葉に聞き、「御心がなりますように」と祈り続けているところで私たちの希望が実るのである。

author:長野教会, category:過去の週報, 08:48
-, -, - -
2017年10月15日主日礼拝

20171015(No.29)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          詩篇124編8節(6)

頌  栄    4

交読詩編   詩篇31編22 〜25 節       33頁

祈    り

聖  書    ヨシュア記6章1〜20 節       346頁

マタイによる福音書21章18 〜32 節 41頁

讃 美 歌      355

説  教  「信じて祈るならば」  横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   403

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

◇伝道委員会   礼拝後

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(139篇)礼拝 

夕礼拝   18時〜19

北信分区牧師会(於;信州教会)16日(月)10時30分〜14時30分

北信キリスト教協議会教職者の会(於:長野本郷教会)

                                17日(火)14時〜16時

祈祷会19日(木)マタイによる福音書12章9〜21節の学びと祈りの交わり

婦人会ハンドベル練習  21日(土)10時30分〜12時

バザー準備       21日(土)13時〜

清 掃   日21日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年10月22日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書331722節、マタイによる福音書25113

説  教:「壺に油は入っているか」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編36110節  讃美歌:2523047424

教会学校 午前930分〜10時      

教会バザー 13時より

夕礼拝  18時より  

北信キリスト教協議会役員会(於;長野本郷)19時〜

◎次々週の讃美歌:83、91、516、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 6  20   2 28    教会学校  0  2   2

祈 祷 会  2  2   0  4   夕 礼 拝   0  0   0

☆おしらせ

*10月22日に教会バザーを行います。伝道委員会では「献品」を受け付けております。雑貨、缶詰、乾物、手作り品などを献品ください。ご協力をお願いいたします。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

*長老会報告があります。

●教会修養会の恵み 「聖なる公同の教会、聖徒の交わりを信ず」棚村重行先生の講演より

 「聖徒の交わり」を「聖なる人々との交わり」と理解するだけでなく、「聖なる捧げもの

holy goods)」を教会の内外の人々と「共有する」という解釈がある。その二つの解釈は矛盾しない。なぜならば、宗教改革時代の「ハイデルベルク信仰問答55」はその二つの意味を込めて次のように解釈している。「『第一に、すべての信者、一人ひとりが、ひとつの体の部分として、主イエス・キリストと交わり、キリストの宝と賜物を共有するということであります。第二に、一人びとりが、自分の賜物を、同じ体の他の部分の益と救いのために、自ら進んで捧げる責務を知るべきであるということであります。」

 水野源三さんの信仰詩「ぶどうの実より」

「母が一つぶ一つぶ 口に入れてくれる ぶどうの実の よいかおり あまさに

 ぶどうの幹なるイエス様に つらなる我らなれば 神様に喜ばれる よい実をむすばねばと思う」。子ども時代に重度の障害を負った源三さんがぶどうを食するとき、全く受け身になって母上がむいてくれたぶどうの実を口にいれてもらうことが常だった。しかし、その甘い味、かおりが源三さんの全身に広がる瞬間、詩の下段のように、大転換が起こる。自分は真実のぶどうの木の「幹」イエス・キリストという罪の赦しと永遠の命の存在に結ばれている事実を見出す。だから自分は、今度はその木の枝枝として「良い実」を日々結んで生きようとの新たな決意が与えられるという。聖なる公同教会なるぶどう園を信じ、キリストの幹につながり、房としてキリストの赦しと聖化の「実を結び」続けることが第一の使命である。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:06
-, -, - -
2018年10月8日主日礼拝

2017108(No.28)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          イザヤ書43編1節(5)

頌  栄    83

交読詩編   詩篇90編13 〜17 節       101頁

祈    り

聖  書    ヨシュア記4章15〜24 節     344頁

マタイによる福音書8章1 〜4 節 13頁

讃 美 歌      58

説  教  「われら主と共に渡ろう」 

                    棚村重行先生(東京神学大学特任教授)

祈    り

讃 美 歌   517

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

愛餐会  礼拝後

教会修養会   1230分より

夕礼拝   18時〜19

宗教改革500周年記念公開講演会(於:長野県町教会)9日(月・祝)10時〜正午

祈祷会12日(木)マタイによる福音書12章1〜8節の学びと祈りの交わり

教会会計中間監査  14日(土)14時より

清 掃   日14日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年10月15日(日)午前10時20分より 

聖  書:ヨシュア記6120節、マタイによる福音書211832

説  教:「信じて祈るならば」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編312225節  讃美歌:435540328

教会学校 午前930分〜10

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(詩篇139編)礼拝後

◇北信分区 分区委員会  1530分より

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:25、230、474、24

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 6  20   2 28    教会学校  0  2   2

祈 祷 会  2  3   0  2   夕 礼 拝   0  0  0

☆おしらせ

*礼拝後、棚村重行先生(東京神学大学特任教授)を囲んで愛餐の時を持ち、その後教会修養会を行います。教会修養会では「聖なる公同の教会・聖徒の交わりを信ず」という使徒信条の学びをいたします。貴重な学びの時ですので、どなたもご出席ください。お弁当をご注文の方は集会室にてお受け取りください。

*10月22日に教会バザーを行います。伝道委員会では献品を受け付けております。雑貨、缶詰、乾物、手作り品などをご献品ください。ご協力をお願いいたします。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

◆会堂提供:ゴスペル・クワイヤ 14日(土)10時〜12時

●先週の説教から     マタイによる福音書191330

金持ちの青年は永遠の命を切に求めていた。「永遠の命」とは神様の支配に生きることである。この青年は「何をすれば、永遠の命を得られるのか」と悩んでいた。その青年に主イエスは「(善い事ではなく)善い方はおひとりである。」と語られた。私たちは自分の行いが善くなければ神様に受け入れられないと思ってしまう。しかし、神様が私たちに戒めを与えられる前に、私達を救い、ご自身の恵みの中に招いてくださったのである。「戒め」は、私たちが神様の恵みの中に留まるためのものである。主イエス・キリストは青年に「何も思い煩うことなく、神様の愛を受け止め、神様に委ねて生きればよい」と言われた。しかし、青年は、まだ何か足りないと思い、主イエスに尋ねると主イエスは「もし、完全になりたいのなら、行って持っている物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。・・それからわたしに従いなさい」と言われた。すると、青年は悲しみながら、主イエスのもとを去った。主イエスの言われる「完全」は「愛における完全」である。この「完全」への道は子供のように、主イエスに抱かれ、祝福され。従うところから始まる。神様が全てを実現してくださるのである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:47
-, -, - -
長野教会バザー

ぜひ、お出かけください。

author:長野教会, category:これからの催し, 14:16
-, -, - -
2017年10月1日主日礼拝

2017101(No.27)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          詩篇46編10節(4)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇119編33〜40節       133頁

祈    り

聖  書    出エジプト記20章1〜17 節    126頁

             マタイによる福音書19章13 〜30 節 37頁

讃 美 歌      522

説  教 「もし完全になりたいのなら」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   18

聖  餐   81     

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    26

     福   

後    奏     

報   告

 

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

定例長老会   1230分より

夕礼拝   18時〜19

◇牧師教誨奉仕(於:長野刑務所)3日(火)17時〜18時30分

祈祷会5日(木)マタイによる福音書11章25〜30節の学びと祈りの交わり

清 掃   日7日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝(伝道礼拝) 2017年10月8日(日)午前10時20分より 

聖  書:ヨシュア記4章1524節、マタイによる福音書814

説  教:「われら主と共に渡ろう」 

棚村 重行先生(東京神学大学特任教授)

交読詩編:詩編901317節  讃美歌:835851727

教会学校 午前930分〜10

教会修養会(愛餐会を含む)礼拝後     

夕礼拝  18時より      

◎次々週の讃美歌:4、355、403、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男  女                                      

主日礼拝  10  22  0 32    教会学校  0  0   0

祈 祷 会   2  3 0 5   夕 礼 拝   0  0  0

☆献金受領感謝:9名の方より計36,000円の感謝献金が献げられました。

☆おしらせ

*次週(10月8日)に棚村重行先生(東京神学大学特任教授)をお招きして、伝道礼拝と教会修養会が行われます。教会修養会では「聖なる公同の教会・聖徒の交わりを信ず」という使徒信条の学びをいたします。貴重な学びの時ですので、どなたもご出席ください。本日より愛餐会のお弁当の注文を受け付けます。受付の用紙にご記入ください。なお、お弁当はご持参いただいてもかまいません。

*10月22日に教会バザーを行います。伝道委員会では「献品」を受け付けております。雑貨、缶詰、乾物、手作りジャムなどをご献品ください。ご協力をお願いいたします。

*先週、「信徒の友」の「日毎の糧」の欄に当教会が掲載され、全国の教会の諸兄姉が私たちの教会をおぼえて、祈ってくださいました。感謝いたします。祈りのお葉書が玄関の掲示板に掲示されています。ご覧ください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

●先週の説教から     マタイによる福音書182135

「わたしがお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。」と主人である王は、わずかな借金を許さず自分の仲間を牢に入れた、無慈悲な家来に語った。この「王」は神様であることは明白である。私たちは神様に対して一兆円以上の大きな負い目を負っている。しかし、神様はご自身の憐れみによって、その私たちの借金を帳消しにしてくださった。神様は私たちの神様に対する負い目(罪)を帳消しにしてくださるために主イエス・キリストを十字架につけられたのである。そのようにしてまで、神様は私たちを憐れんでくださっている。私たちはこの神様の憐れみを受けて、隣人に向かう。「憐れんでやるべきではなかったか」の「べき」とは、「そうならざるを得ない」という意味の言葉である。神様から大きな憐れみを受けたことをおぼえ、感謝に生きるとき、私たちは隣人と和解し、赦し合うことができる。その時、私たちは憎しみや報復しようとする思いから解き放たれ、真の自由を得るのである。主の祈りの第五番目の祈りはそのための祈りである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 08:30
-, -, - -