RSS | ATOM | SEARCH
2018年10月28日主日礼拝

20181028(No.31)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        ハバクク書2章20節(3)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇148編1〜10節      161頁

祈    り

聖  書  ヨブ記38章1〜18節   826頁

       ルカによる福音書12章13〜31節  131頁

讃 美 歌     58

説  教  「豊かな生き方とは」坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   522

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10  

クリスマス委員会(長老会・礼拝委員会・伝道委員会)礼拝後

夕礼拝 18時より

祈祷会 1日(木)マタイによる福音書24章29〜35節の学びと祈りの交わり

牧師教誨奉仕(長野刑務所)2日(金)17時30分〜18時30分

清 掃   日 3日(土)

◆会堂提供:ゴスペル・クワイヤ3日(土)14時〜16時

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年11月4日(日)午前10時20分より 聖餐式執行

聖  書:創世記91215節、ルカによる福音書113336

説  教:「虹を見るとき」 坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編116節  讃美歌:257554年版)、5108124

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

定例長老会  1230

夕礼拝 18時より    

◎次々週の讃美歌:83−1,16、270、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計         男   女                                      

主日礼拝 10 26  2  38    教会学校 0  2   2

祈 祷 会 2 1 0  3  夕 礼 拝 2  0   2

おしらせ

*先週の教会バザーは皆様のご協力によって、盛会のうちに終了することが出来、感謝をいたします。売り場などを担当してくださいました方、献品していただいた方、お買い上げいただいた方々に心より感謝いたします。売り上げなど詳細は集計が終わりましたら、ご報告させていただきます。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*西日本豪雨災害や北海道胆振東部地震などの被災地のために募金を行っています。受付の募金箱にてお願いします。祈りつつ献げましょう。

*故小原福治牧師の画帳(工藤和枝姉所有)をお持ちの方は工藤姉までお知らせください。教会の資料としても重要なものとなりますのでご協力ください。

先週の説教より☆  マタイによる福音書5章1〜12節

 山上の説教の最初に語られる祝福の言葉は、主イエスが弟子たちに語られ、その響きは今日の教会に響いている。この「幸いである」という言葉は、「祝福されている」という言葉である。神様が私たちを祝福してくださる。主イエスは「あなた方は心の貧しい者であるから幸いである」と語られているのである。弟子たちも、また、私たちも主イエスの語られる「幸いである」という者には当てはまらないように思える。しかし、誰よりも貧しさを知る方、悲しみを知られる方、柔和な方、義に飢え渇く方、憐れみ深く、心が清く、神と人との間に平和を実現し、神の御心のために十字架の死を遂げられた方である主イエス・キリストにつながる時、私たちはこの「祝福された者」となるのです。主イエス・キリストは私たちの代わりに呪いとなって、私たちにこの祝福を与えてくださったのである。神様の祝福を受けた者はこの恵みに応えて、神様の栄光のために生きる。私たちは神様の支配の中にあり、それは生きている時も死んでも変わらない。主イエスは「だからあなたがたは幸いだ」と宣言してくださる。この祝福の中を共に歩んでいきたい。

 

author:長野教会, category:過去の催し, 11:56
-, -, - -
2018年度長野教会バザー

ぜひ、お立ち寄りください。

献品も受け付けております。

author:長野教会, category:過去の催し, 08:33
-, -, - -
2018年長野教会伝道集会「講談de聖書」のご案内

牧師で講談師である神田ナザレさんをお迎えして、聖書の魅力を講談で語っていただきます。

ぜひ、おいでください。

 

author:長野教会, category:過去の催し, 11:57
-, -, - -
2017年12月24日クリスマスのご案内

クリスマスはすべての人に与えられた喜びの時です。ぜひ、ご出席ください。

author:長野教会, category:過去の催し, 08:43
-, -, - -
音楽伝道集会「歌の玉手箱2~宗教改革とクリスマス〜」のご案内

7月に行った「歌の玉手箱」(講師:汐碇直美先生)の第二弾。宗教改革やクリスマスの歌を歌います。ぜひ、ご出席ください。

author:長野教会, category:過去の催し, 09:46
-, -, - -
2017年6月4日聖霊降臨祭(ペンテコステ)主日礼拝

201764(No.10)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨祭礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉         使徒言行録1章8節(52)

頌  栄     25

交読詩編   詩篇51編12〜19節        56頁

祈    り

聖  書

旧約  ヨエル書2章23〜3章2節       1424頁

新約  使徒言行録2章1〜13節         214頁

讃 美 歌      342

説  教 「若者の幻・老人の夢」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   78

聖  餐   81  

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福    

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10時 

ペンテコステ祝会  礼拝後   

定例長老会   祝会後   

夕礼拝   18時より

教区婦人研修会(於:御殿場)6日(火)〜7日(水)

祈祷会 8日(木)マタイによる福音書8章23〜27節の学びと祈り

清 掃   日 10日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝  2017年6月11日(日)午前10時20分より 

花の日・子どもの日礼拝        

聖  書:イザヤ書6章1〜8節、マタイによる福音書112530

説  教:「神の与えられる休み」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編9919節  讃美歌:19449047049324

教会学校午前930分〜10

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(詩編127128)礼拝後    

花の日訪問   礼拝後     

信州教会上山耕平牧師就任式  15時より   

夕礼拝  18時より 

◎次々週の讃美歌:4、160、402、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計          男   女                                      

主日礼拝 6  19  0  25     教会学校 0  0    0

祈 祷 会  3 2  0 5   夕 礼 拝 0  0   0

☆献金受領感謝(敬称略):10名の方より計6万円が献げられました。感謝いたします。

☆おしらせ

*本日は聖霊降臨祭(ペンテコステ)礼拝です。神様が弟子たちの群れに聖霊を送り、教会を生み出してくださった日です。聖霊は一致の霊であり、常に私たちと共にいて、私達を励まし、慰めてくださる神の霊です。この聖霊の導きに従って共に歩みましょう。礼拝後、ペンテコステの祝会をいたします。どなたもご出席ください。

*ペンテコステの恵みに感謝して、ペンテコステ献金をお献げください。

*次週は花の日・子どもの日礼拝です。お花を持ち寄って神様に礼拝を献げ、礼拝の中で子どもたちの祝福を行います。また、礼拝後、献げられたお花を分けて、病床の教会員の方々を訪問します。

*病床の方や礼拝を長期に渡り欠席されている方々のことをおぼえ、祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

●主の昇天  ルカによる福音書244453

  主イエス・キリストは弟子たちの「心の目」(理性)を開いて、旧約聖書に記されているご自身の受難と復活の預言が実現したことを明らかにされた。それは私たちの救いが実現したということである。主イエスは弟子たちに「あなたがたはこのことの証人となる」と語られ、神様が約束されている「高い所からの力」(聖霊)が来るまで都に留まるように言われた。そして主イエスは弟子たちを祝福しながら、天に上げられていく。父なる神様が主イエスを引き上げられた。しかし、弟子たちはもはや寂しくはない。私たちの救いのために十字架の死を耐え忍ばれた方が、神様の右におられることほど、私たちにとって心強いことはない。50節の「祝福」と訳される言葉と53節の「ほめたたえる」と原語では同じ言葉である。キリストを通して神様の祝福に与った私たちは、心から喜んで神様を賛美するのである。

 

author:長野教会, category:過去の催し, 08:48
-, -, - -
2017年音楽伝道集会「歌の玉手箱」と教会バザーのご案内

 ぜひ、おいでください。

author:長野教会, category:過去の催し, 10:16
-, -, - -
久米小百合ミニ・コンサート10月23日(日)13時30分より

author:長野教会, category:過去の催し, 08:05
-, -, - -
2015年クリスマスのご案内
author:長野教会, category:過去の催し, 07:36
-, -, - -
アドヴェント・コンサートのご案内
author:長野教会, category:過去の催し, 07:59
-, -, - -