RSS | ATOM | SEARCH
2018年10月14日主日礼拝

20181014(No.29)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        詩編100編1〜2節(1)

頌  栄    83―1

詩編交読   詩篇26編1〜12節      21

祈    り

聖  書  出エジプト記2章11〜22節    95頁

       マルコによる福音書14章66〜72節 94頁

讃 美 歌     513

説  教  「神の御手の中での涙」坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   197

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10  

伝道委員会 礼拝後

婦人会主催聖書研究会(ローマの信徒への手紙14章)礼拝後

夕礼拝 18時より

北信キリスト教協議会役員会(長野本郷教会) 19時より

北信分区牧師会(於:信州中野教会)15日(月)10時30分より

故小野泉さん記念会(於:花岡平墓地、他)16日(火)

祈祷会 18日(木)マタイによる福音書24章1〜14節の学びと祈り

ハンドベル練習20日(土)10時30分より 

バザー準備 20日午後1時より

清 掃   日 20日(日)仲田 忍、仲田 真平、仲田 草苑子

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年10月21日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書2519節、マタイによる福音書5112

説  教:「祝福の宣言」 坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編146110節  讃美歌:443345126

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

教会バザー 13〜15時    

夕礼拝   18時より    

◎次々週の讃美歌:25,58、522、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計          男  女                                      

主日礼拝 8  25  2  35    教会学校 0  2   2

祈 祷 会 2   4 0 5   夕 礼 拝  2  0  2

おしらせ

*10月21日に教会バザーが行われます。教会の宣教活動のため、また、被災地支援のために行います。献品を募っております。ご協力ください。チラシが出来ております。ぜひ、お用いください。また、前日20日に商品の陳列、値付けなどを行います。多くの方のご協力を希望します。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*西日本豪雨災害被災地支援・北海道胆振東部地震や他の被災地のための救援募金を行っています。祈りつつ献げましょう。

*長老会報告があります。

先週の説教より☆  マルコによる福音書14章53〜65節

 福音書は「ナザレのイエスとは誰か」ということを初めから終わりまで通して語っている。最初に主イエスが誰であるかを語ろうとしたのは「悪霊」(1章)であった。しかし、主イエスは悪霊にものを言うことをお許しにならなかった。8章では弟子のペトロが、主イエスが誰であるかを言い表した。「あなたはメシア(キリスト:救い主)です」というペトロの告白である。そしてこの14章におけるイエスの裁判においても、「イエスは誰か」という問いが投げかけられる。

 裁判の席には多くの偽証人が主イエスを死刑にしようと「偽証」を並べたてる。しかし、彼らの証言は食い違い立証ができない。主イエスは沈黙し応えない。業を煮やした大祭司が主イエスに「お前はほむべきものの子メシアなのか」と尋ねた。その時主イエスは口を開き「そうです」と答えた。この「そうです」という言葉は、原語は「エゴー・エイミー」という言葉である。これは出エジプト記で主なる神様がご自身の名前を尋ねられたとき「「わたしはある」。「わたしはある」という者だ。」と言われた言葉と同じであり、メシアが到来する時に語られる言葉とされていた。そして主イエスは詩編1101節とダニエル書713節を引用して、ご自身が終末の時に権威を受けて到来するメシアであることを宣言された。私たちはこの世で様々な試練に遭う。その試練の時、私たちが主を尋ね求めれば、主イエスは「わたしはここにいる」とご自身の真実を明らかにしてくださる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:18
-, -, - -
2018年10月7日主日礼拝

2018107(No.28)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        ガラテヤの信徒へ手紙3章28節(9)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇37編30〜40節      41頁

祈    り

聖  書  ダニエル書7章11〜14節   1392頁

       マルコによる福音書14章53〜65節 93頁

讃 美 歌     56

説  教  「神の真理を告げるとき」坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   510

聖  餐   81     

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10  

定例長老会  12時30分より

夕礼拝 18時より

祈祷会 11日(木)マタイによる福音書23章25〜38節の学びと祈り

清 掃   日 14日(日)礼拝後有志によって行います。

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年10月14日(日)午前10時20分より 

聖  書:出エジプト記21122節、マルコによる福音書146672

説  教:「神の御手の中での涙」 坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編10012節  讃美歌:83-151319729

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

婦人会主催聖書研究会(ローマ書14章)礼拝後     

夕礼拝   18時より    

北信キリスト教協議会役員会(於:長野本郷教会) 19時より

◎次々週の讃美歌:4、433、451、26

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計          男   女                                        

主日礼拝 8  20  0  28    教会学校 0  0    0

祈 祷 会 2  4 0  6   夕 礼 拝  0  0   0

永眠者記念礼拝  男11、女23 計34

おしらせ

*10月21日に教会バザーが行われます。教会の宣教活動のため、また、被災地支援

 のために行います。献品を募っております。ご協力ください。チラシが出来ております。ぜひ、お用いください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*災害被災地支援(西日本豪雨災害・北海道胆振東部地震・台風災害等)の救援募金を行っています。祈りつつ献げましょう。

先週の説教より☆  ルカによる福音書23章43

 使徒信条で告白されている「身体のよみがえりを信ず」という信仰から来る慰めについてハイデルベルク信仰問答は次のように語っている。「わたしの魂が、この生涯の後直ちに、頭なるキリストのもとに迎え入れられるというだけでなく、やがて、わたしのこの体もまた、キリストの御力によって引き起こされ、再びわたしの魂と結び合わされて、キリストの栄光の御体と同じ形に変えられるということです」(問い57)。この「わたしの魂が、この生涯の後直ちに頭なるキリストに迎え入れられる」という信仰の根拠が、ルカによる福音書2343節の御言葉である。十字架上でキリストに「イエスよ、御国においでになる時にはわたしを思い出してください」と願った犯罪人に対してイエスは「はっきり言っておくが、今日あなたはわたしと一緒に楽園にいる」と宣言された。主イエスは私たちの人生の中でご自身の御業を行われる。主イエスの御業は私たちがこの世の生涯を終えた後も続く。神の力が私たちの魂を引き上げ、主イエスと共にいるようにして下さる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:03
-, -, - -
2018年7月8日主日礼拝

201878(No.15)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        詩編124編8節(6)

頌  栄    83−1

詩編交読   詩篇119編129〜136節      138頁

祈    り

聖  書    列王記上10章1〜13節      546頁

       マルコによる福音書8章22〜26節  77頁

讃 美 歌     433

説  教  「開眼」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   474

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

婦人会主催聖書を学ぶ会(ガラテヤ3章)・例会  礼拝後    

夕礼拝   18時より

牧師出張:教団教誨師研修会・総会(東京・代々木)9日〜10日

祈祷会 12日(木)マタイによる福音書21章28〜32節の学びと祈り

清 掃   日 14日(土)

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年7月15日(日)午前10時20分より  

聖  書:サムエル記上1738~50節、マルコによる福音書91429

説  教:「信なき我を救い給え」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編182635節  讃美歌:45144924

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

伝道委員会   礼拝後    

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌25、152,390、28

先週の集会出席者数  

        男 女  子 計           男  女                                      

主日礼拝  9  18  2  29     教会学校  0  2   2 

祈 祷 会 2 3  0  5   夕 礼 拝   0  0  0 

上映会 男4、女5 計9

おしらせ

*共同墓地設置工事が進んでいます。お祈りのうちにおぼえてください。

*7〜8月に家庭礼拝(訪問聖餐式を含む)を行いたいと思います。ご希望の方はぜひ、牧師までお申し出ください。

*8月11日(土)に行われる伝道集会のチラシが出来ました。ご家族・ご友人をお誘いください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*教会通信「ぶどうの木」の原稿を募集します。ふるってご投稿ください。

*長老会報告があります。

◆会堂提供:ヒム・メイツ 11日(木)13時〜15時

      ゴスペル・クワイヤ 14日(土)10時〜12時

先週の説教から☆  マルコによる福音書8章14〜21節

  私たちの心には様々な「悪いパン種」が芽生える。ファリサイ派の人々のように

「自分は敬虔で、正しい人間だ」と自負し、他人を見下げる高慢な思い。また、ヘロデ王のように常に自分の欲を満たそうとする思い、自分が「王」であろうとする思いを持つ。また、主イエスが「ファリサイ派のパン種とヘロデのパン種に気をつけなさい」と言われた時、「自分たちがパンを持ってこなかったことを責められた」と思ってしまった弟子たちの中にも「悪いパン種」があった。それは神様の恵みを何度も見ているのに、理解することが出来ない心の頑なさである。

  神様の御力は天地万物を創られた偉大な力である。その神様の御力により、で私私たちの心にある「悪いパン種」を取り除いてくださる。神様は、私たちを滅ぼすためではなく、罪から自由になって生きるように、私たちの罪を全て御子主イエス・キリストに負わせられた。そして主イエス・キリストから溢れ出る命の恵みを私たちに与えてくださった。主イエスはこの時弟子たちに「パンの奇跡を思い起こせ」と言われた。私たちは御言葉と聖礼典によって主の恵みを思い起こし、生きる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 17:06
-, -, - -
2018年6月24日主日礼拝(分区サンデー)

2018624(No.13)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《分区サンデー》

 

 

前  奏    

招きの言葉        詩編46編10節(4)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇33編4〜11節      34頁

祈    り

聖  書    使徒言行録4章5〜21節    219頁

讃 美 歌     404

説  教  「キリストが見た風景」 小出 望牧師(長野県町教会)

祈    り

讃 美 歌   412

信仰告白

献    金   北信分区をおぼえて

祈    り

主の祈り  

頌    栄    24

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

小出望先生を囲む愛餐会  礼拝後

軽井沢教会松村さおり牧師就任式 16時より    

夕礼拝   18時より

花岡平キリスト教墓地協議会(於:長野本郷教会)25日(月)19時より

祈祷会 28日(木)マタイによる福音書21章18〜22節の学びと祈り

清 掃   日 30日(土)なし

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年7月1日(日)午前10時20分より  聖餐式執行

聖  書:エレミヤ書232332節、マルコによる福音書81421

説  教:「満たしておられる神」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編5219節  讃美歌:25392788129

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

定例長老会 礼拝後    

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌83−1、433,474、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計          男   女                                      

主日礼拝10  24 3  37    教会学校  0  2   2 

祈 祷 会 1  3 0  4   夕 礼 拝  0  0  0

婦人会聖書研究会男3,女15計18

おしらせ

*本日は北信分区の分区サンデーです。当教会には長野県町教会の小出望先牧師を通して御言葉を受けることが出来ました。長野県町教会役員の土屋芳子姉妹も出席してくださいました。礼拝後お二人を囲んで愛餐の時を持ちます。ぜひ、ご出席ください。横井牧師は小諸教会の説教奉仕をしております。鶴巻長老が同行しています。

*本日午後4時より軽井沢教会において松村さおり牧師の就任式が行われます。横井牧師と鶴巻宏治長老が出席したします。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*教会通信「ぶどうの木」の原稿を募集します。ふるってご投稿ください。

先週の説教から☆  マルコによる福音書6章1〜13節

  ナザレの人々は主イエスの御言葉も御業も受け入れることが出来なかった。彼らは主イエスを「マリアの子」であり、「大工」と理解していたからである。確かに主イエスはマリアから生まれたのであるが、そこに聖霊の働きがあることは、神様からの啓示なしには知ることが出来ない。主イエスの御言葉を神の言葉として受け止め、主イエスの御業を神様の御業と受け止めなければ、神様の恵みから自らを遠ざけてしまうことになる。ナザレの人々は主イエスを拒絶し、神様を拒絶することになった。そのため主イエスは他の村々を巡り、福音を宣べ伝えるとともに、弟子たちを二人一組で遣わした。彼らは主イエスから力を受けて、悪霊を追い出し、病人を癒やした。教会は主イエス・キリストの十字架を「杖一本」として、そこに信頼を置き、それ以外のことに気を取られることなく、伝道に励む。主イエス・キリストの十字架と復活は神の知恵である。主イエスは信じることが出来なかった者のためにも十字架につかれた。私たちの救いの根拠は自分自身の内にはなく、主イエス・キリストにある。この恵みを受けた者は、喜びをもって主の証人となる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:52
-, -, - -
2018年6月17日主日礼拝

2018617(No.18)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        ハバクク書2章20節(3)

頌  栄    4

詩編交読   詩篇107編17〜22節    120頁

祈    り

聖  書    アモス書7章10〜15節    1438頁

             マルコによる福音書6章1〜13節 71頁

讃 美 歌     404

説  教  「遣わされて生きる」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   512

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

婦人会聖書研究(ガラテヤ2章)・婦人会例会  礼拝後

北信分区分区委員会  15時より    

夕礼拝   18時より

北信キリスト教教職者の集い(在日大韓長野教会)18日(月)

北信分区牧師会(於:坂城栄光教会)19日(火)10時30分〜14時40分

祈祷会 21日(木)マタイによる福音書21章12〜17節の学びと祈り

牧師出張:東京管区教誨師研修会(於:鬼怒川温泉)22日(金)

清 掃   日 23日(土)なし

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年6月24日(日)午前10時20分より  分区サンデー

聖  書:使徒言行録4章5〜21節

説  教:「キリストが見た風景」 小出 望牧師(長野県町教会牧師)

交読詩編:詩編33411節  讃美歌:2540441224

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

小出望先生を囲む愛餐会  礼拝後

軽井沢教会牧師就任式  16時より

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌25、392、78、81、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男  女                                       

主日礼拝 10  24 3  37     教会学校 0  2   2

祈 祷 会   2  4  0   6  夕 礼 拝  0  0  0

おしらせ

*次週は分区サンデーです。当教会には長野県町教会の小出望先牧師を通して御言葉を受けます。長野県町教会役員の方も出席してくださいます。礼拝後お二人を囲んで愛餐の時を持ちます。担当はBグループです。よろしくお願いいたします。また、次週の礼拝献金は北信分区の活動のために献げられます。尚、横井牧師は小諸教会の講壇の奉仕をいたします。長老が同行します。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*教会通信「ぶどうの木」の原稿を募集します。ふるってご投稿ください。

☆先週の説教から☆  マルコによる福音書5章1〜20節

 主イエス・キリストは自ら「向こう岸に渡ろう」と言い、嵐の海を渡ってゲラサの地に足を下ろした。するとすぐに悪霊に取り憑かれた人が墓場から主イエスのところにやってきた。悪霊とは私たちと神様との交わりを破壊し、また、私たちと隣人の関係を引き裂く力である。しかし、悪霊も神の御子の前では無力である。「かまわないでくれ」(あなたとわたしは関係ない)と主イエスとの交わりを拒絶しても、結局のところ、主イエスに従わざるを得ない。主イエスはその人を憐れみ、悪霊を追放された。主イエス・キリストは神様との関係を見失っていた私たちのところに来てくだ

さり、私たちを憐れみ、十字架による贖いの業によって私たちを神様の憐れみの中に置いてくださったのである。キリストの十字架を仰ぐ時、私たちは神様がこのような自分をどんなに憐れんでくださったかを知る。神様の憐れみを受けた者は神様の救いの御業を語らないわけにはいかなくなる。主イエスは悪霊の支配から解き放たれたこの人は、そしてその地域に福音が宣べ伝えた。そうせずにはおれなかったのである。私たちも憐れみを受けた者として喜びと感謝をもって、自分に与えられた神様の憐れみ、神様の愛を思い起こしつつ、証の日々を歩みたい。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 10:10
-, -, - -
2018年5月10日主日礼拝

2018610(No.11)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる。

(イザヤ書96節)

 

《花の日・子どもの日》

 

 

前  奏    

招きの言葉      詩編29編2節(2)

頌  栄    83―1

詩編交読   詩篇32編1〜7節       33頁

祈    り

子ども祝福  490

聖  書    サムエル記16上16章14〜23節  454頁

             マルコによる福音書5章1〜20節  69頁

讃 美 歌     390

説  教  「憐れみを受けて」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   481

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    26

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

花の日訪問  礼拝後    

会堂清掃:有志による。

信濃村教会牧師就任式 15時より    

夕礼拝   18時より

祈祷会 14日(木)マタイによる福音書21章1〜11節の学びと祈り

牧師出張:教区伝道部委員会(於:日下部教会)15日(金)11時より

婦人会ハンドベル練習 16日(土)10時30分〜12時

共同墓地設置の祈り(於:花岡平墓地)16日(土)14時30分より

清 掃   日 16日(土)

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年6月17日(日)午前10時20分より  

聖  書:アモス書71015節、マルコによる福音書6113

説  教:「遣わされて生きる」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編1071722節  讃美歌:440451228

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

婦人会主催聖書研究会(ガラテヤ書2章)・婦人会例会 礼拝後

北信分区分区委員会(当教会にて)  15時より  

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌:25、404、412、24(分区サンデー)

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男   女                                      

主日礼拝 9  18  0  27    教会学校 0  0   0

祈 祷 会  2   2   0 4   夕 礼 拝  0  0   0

おしらせ

*本日は花の日・子どもの日礼拝です。咲いているお花を献げてくださいました方々に心より感謝いたします。礼拝の中で幼児・児童(小学校6年生まで)の祝福式が行われました。子どもたちの成長を共に祈っていきましょう。礼拝後病床の方やご高齢の方々にお花をお届けする予定です。花束作りにご協力いただけると幸いです。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*信濃村教会の船水牧夫牧師の就任式が午後3時より行われます。

*16日14時30分に花岡平墓地にて共同墓地設置のための祈りと業者との打ち合わせが行われます。教会全体で祈りつつ進めてきましたこの計画がいよいよ着工となります。まもなく本格的な工事が開始されます。引き続きお祈りください。

*教会通信「ぶどうの木」の原稿を募集します。ふるってご投稿ください。

*長老会報告があります。

☆先週の説教から☆  歴代誌下15章1〜8節、

マルコによる福音書1章29〜39節

  私たちはこの世の習慣の中にどっぷりと浸かって生きている。それが当たり前のような生活をしている。自分が罪の中にあることも、神様から離れてしまっていることも気づかないでいる。しかし、神様が聖霊を注いだ説教者によって語られる預言(説教)の言葉を聞くとき、私たちは目が開かれ、真実の悔い改めが与えられ、また、神様の愛と憐れみを知り、神様の御心を行う勇気が与えられる。

  私たちを神様から引き離す力はこの世に多く働いている。私たちは試練の時だけでなく順風満帆の時も心が神様から離れてしまう。したがって神様を仰ぎつつ生きる上で大切なことは祈りである。主イエス・キリストは神様に常に祈りながら、神様の御心である十字架の道を全うされた。この主イエスの十字架によって私たちは救われた。だから、私たちも祈りつつ、主の御心に従って生きるのである。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 08:35
-, -, - -
2018年6月3日主日礼拝

201863(No.10)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉     詩編100編1〜2節(1)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇69編17〜22節   74頁

祈    り

聖  書    歴代誌下15章1〜8節                689頁

             マルコによる福音書1章29〜39節  62頁

讃 美 歌     405

説  教  「祈りから生まれるもの」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   18

聖  餐   81   

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

定例長老会  礼拝後

夕礼拝   18時より

東海教区婦人研修会(於:池ノ平ホテル)5日(火)〜6日(水)

祈祷会7日(木)マタイによる福音書20章29〜34節の学びと祈り

清 掃   日 9日(土)有志による。

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年6月10日(日)午前10時20分より  

花の日・子どもの日礼拝としてまもります。

聖  書:サムエル記上161423節、マルコによる福音書5120

説  教:「憐れみを受けて」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編3217節  讃美歌:83-139048126

*礼拝の中で幼児・児童(小学校6年生まで)の祝福を行います。

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10時 

花の日訪問  礼拝後

信濃村教会牧師就任式  15時より   

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌:4,404,512,28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男   女                                      

主日礼拝 8  20  2 30    教会学校  0   2   2

祈 祷 会  2   5   0  7   夕 礼 拝  0  0   0

☆献金受領感謝(敬称略):8名の方より感謝献金が献げられたほか、

イースター献金35,000円、ペンテコステ献金298,000円が献げられました。感謝いたします。

おしらせ

*6月10日(日)は花の日・子どもの日礼拝としてまもります。お庭に咲いているお花を持ち寄って礼拝堂を飾ります。礼拝の中で幼児・児童(小学校6年生まで)の祝福式を行います。また、礼拝後病床の方を訪問する予定です。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

☆「聖霊を信じる」ことの恵み☆     

  聖霊がこの世に降り、私たちに与えられているとはどのような意味があるでしょうか。ハイデルベルク信仰問答は聖霊についてこう記しています。

  問い53「聖霊」について、あなたは何を信じていますか。

 答 第一に、この方が御父や御子と同様に永遠の神であられるということ。

   第二に、この方はわたしにも与えられたお方でもあり、

   まことの信仰によって、キリストとそのすべての恵みにわたしをあずからせ、わたしを慰め、永遠にわたしと共にいてくださる、ということです。

「キリストとそのすべての恵み」とは「聖なる公同の教会」の群れの生きた部分にわたしたちが連なり、永遠にキリストと結ばれているということであり、聖徒の交わりの中にあり、罪の赦しを与えられ、やがてキリストの栄光の御体と同じ形にかえられること、そして救われた喜びを今既に与えられているよう、この生涯の後は神様の完全な祝福に生きる希望が与えられています。これらすべてを保証し実現して下さるのが聖霊です。聖霊は私たちの心に福音の説教を通して信仰を起こし、聖礼典の執行によって、確証を与えてくださるのです。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:40
-, -, - -
2018年5月27日主日礼拝

2018527(No.9)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意が

これを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《三位一体主日》

 

 

前  奏    

招きの言葉      イザヤ書35章1〜2節(45)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇97編1〜12節       106頁

祈    り

聖  書    ルカによる福音書7章1〜10節  114頁

讃 美 歌     58

説  教  「ただ一つ、御言葉をください」 

           汐碇 直美先生(愛和病院チャプレン)

祈    り

讃 美 歌   127

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   汐碇 直美先生

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

汐碇先生を囲んで茶話会  礼拝後    教会学校教師会 礼拝後

東京神学大学長野地区後援会役員会(於:松本教会)15時より

夕礼拝   18時より

祈祷会31日(木)マタイによる福音書20章17〜28節の学びと祈りの交わり

牧師教誨奉仕(長野刑務所)6月1日(金)17時30分〜18時30分

共同墓地設置委員会 6月2日(土)14時より

清 掃   日 2日(土)

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年6月3日(日)午前10時20分より  聖餐式執行

聖  書:歴代誌下1518節、マルコによる福音書12939

説  教:「祈りから生まれるもの」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編691722節  讃美歌:25405188127

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

定例長老会  12時30

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌:83−1、390、481、26

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男   女                                      

主日礼拝 7  23  1 31    教会学校 0   1   1

祈 祷 会  3  3   0  6   夕 礼 拝 0  0   0

おしらせ

*本日は愛和病院チャプレンの汐碇直美先生より御言葉を受けることが出来ましたことを心より感謝いたします。汐碇先生と愛和病院のお働きをおぼえて祈りを合わせましょう。礼拝後、ひととき汐碇先生を囲んで茶話会を持ちます。ぜひ、ご出席ください。尚、横井牧師は本日、在日大韓基督教会長野教会(中御所)で説教奉仕をしております。おおぼえください。

*聖霊降臨祭(ペンテコステ)の恵みに感謝して、ペンテコステ献金をお献げください。所定の袋、月約献金の袋にてお献げください。

*6月10日(日)は花の日・子どもの日礼拝としてまもります。お庭に咲いているお花を持ち寄って礼拝堂を飾ります。礼拝の中で幼児・児童(小学校6年生まで)

 の祝福式を行います。また、礼拝後病床の教会員を訪問したいと思います。

*東海教区総会が22日(火)〜23日(水)が行われました。横井牧師と鶴巻長老が出席いたしました。秋に行われる教団総会議員が選出された他、諸報告、伝道計画、決算、予算、等が審議され、承認されました。教区のためにお祈りください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

☆先週の説教から☆     ヨシュア記1章1〜9節

  モーセが死んだ後、神様はヨシュアをモーセの後継者として立て、イスラエルを約束の地に導かれた。神様はヨシュアに「強く、雄々しくあれ」と言われた。これは決して「無い袖を振れ」と言われているのではない。神様は「わたしはあなたと共にいる。あなたを見捨てることはない」とヨシュアに保証を与えている。

  神様は私たちにも「救いへの保証」(手付金)を与えておられる。それは聖霊である。聖霊なる神が共におられるからこそ、私たちは強く、雄々しく生きられる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:56
-, -, - -
2018年5月20日主日礼拝

2018513(No.8)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨祭礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉    ヨエル書3章1節(48)

頌  栄    351

詩編交読   詩篇122編1〜9節       142頁

祈    り

聖  書    ヨシュア記1章1〜9節       340頁

マルコによる福音書4章26〜34節 68頁

讃 美 歌     339

説  教  「共にいて働く神の力」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   343

聖  餐   81 

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    24

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

ペンテコステ愛餐会  礼拝後

夕礼拝   18時より

東海教区総会(於:御殿場市)22日(火)〜23日(水)

祈祷会24日(木)マタイによる福音書20章1〜16節の学びと祈りの交わり

清 掃   日 26日(土)お休みです。

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年5月27日(日)午前10時20分より  

聖  書:ルカによる福音書7110

説  教:「ただ一つ、御言葉をください」 

説教:汐碇 直美先生(愛和病院チャプレン)

交読詩編:詩編97112節  讃美歌:255812729

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

東京神学大学長野後援会役員会(於:松本教会)15時より

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌:25、405、18、81、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男  女                                      

主日礼拝 7  20  0  27    教会学校  0  0   0

祈 祷 会 3  1 0    4   夕 礼 拝  0 0   0

おしらせ

*本日は聖霊降臨祭(ペンテコステ)礼拝です。教会を生み出し、活かす、いのちの霊である聖霊が与えられていることに感謝して歩みましょう。礼拝後、愛餐会をいたします。ぜひ、ご出席ください。

*聖霊降臨祭(ペンテコステ)の恵みに感謝して、ペンテコステ献金をお献げください。所定の袋、月約献金の袋にてお献げください。

*東海教区総会が22日(火)〜23日(水)に御殿場市時之栖で行われます。尚、横井牧師は教会記録審査委員のため、21日(月)から出張となります。緊急の場合の連絡は携帯電話までお願いいたします。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

☆先週の説教から☆     ヨハネによる福音書17章1〜13節

  主イエス・キリストは十字架につかれる前の晩に弟子たちに説教をされた。弟子たちが、主イエスが天に昇られた後も、臆することなく生きるためである。その説教を語り終えた後、主イエスは弟子たちのために祈られた。主イエスは「聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。私たちのように彼らも一つとなるためです。わたしは彼らと一緒にいる間、あなたが与えてくださった御名によって彼らを守りました。わたしが保護したので、滅びの子のほかには、だれも滅びませんでした」と祈られた。父なる神様はこの主イエスの執り成しの祈りを聞かれる。つまり私たちは神様によって守られ、保護されている群れである。「守られる」というのは最悪の事態から守られるということである。しかし、それは私たち自身の命や生活が危険から守られる、ということではない。私たちの存在が神様の前から失われ、滅びることがないように守られる、ということである。主イエスの執り成しは神様に受け入れられ、聖霊が送られ、私たちは守られている。

author:長野教会, category:今週の週報, 09:46
-, -, - -
2018年5月13日主日礼拝

2018513(No.7)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」(イザヤ書96節)

 

《復活節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉         エゼキエル書36章26a,28b(49)

頌  栄    83-1

詩編交読   詩篇102編13〜19節     110頁

祈    り

聖  書    イザヤ書45章1〜7節     1135頁

ヨハネによる福音書17章1〜13節 202頁

讃 美 歌     157

説  教  「主の執り成しによって」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   543

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10 

大掃除  礼拝後    

礼拝委員会  大掃除後

北信分区総会 16時40分より 

夕礼拝  分区総会のため休会とします。

祈祷会17日(木)マタイによる福音書19章13〜30節の学びと祈りの交わり

ハンドベル練習 19日(土)10時30分より

清 掃   日 19日(土)

次週主日の予告      

◇聖霊降臨祭主日礼拝 2018年5月20日(日)午前10時20分より 

聖餐式が執行されます。

聖  書:ヨシュア記119節、マルコによる福音書42634

説  教:「共にいて働く神の力」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編12219節  讃美歌:3513393438124

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

ペンテコステ愛餐会  礼拝後    

夕礼拝 18時より      

◎次々週の讃美歌:25、58、127、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男  女                                       

主日礼拝 8  19  0  27    教会学校  0  0   0

祈 祷 会 3  3 0  6   夕 礼 拝  0  0   0

おしらせ

*次週は聖霊降臨祭(ペンテコステ)礼拝です。教会を生み出し、活かす、いのちの霊である聖霊を待ち望みつつ、歩みましょう。礼拝後、愛餐会をいたします。ぜひ、ご出席ください。愛餐会担当はAグループです。大掃除後に打ち合わせをいたします。よろしくお願いいたします。

*礼拝後、大掃除をいたします。ストーブの片付けや窓拭きなど普段出来ない部分もしたいと思います。ご協力をお願いいたします。

*聖霊降臨祭(ペンテコステ)の恵みに感謝して、ペンテコステ献金をお献げください。所定の袋、月約献金の袋にてお献げください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*長老会報告があります。

☆先週の説教から☆     ヨハネによる福音書16章12〜24節

 「しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくするとわたしを見るようになる」と主イエスは弟子たちに言われた。「しばらく」とは「ミクロン」という言葉である。「ほんのわずかの間」という意味である。主イエスが十字架について死なれた時、弟子たちは主イエスを見失い、悲しみに暮れた。しかし、主イエスは復活され、弟子たちにご自身を現わされた。主イエスはあらかじめ、「しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」と言われた。主イエスは復活され、天に昇られ、真理の霊である聖霊を私たちに送ってくださる。聖霊が私たちに注がれる時、私たちの心に神様の愛が注がれる。私たちはその神様の愛に私たちは喜びを持って応える。神様・御子キリストそして私たちとの愛の交わりを壊すこと、奪い去ることはできない。私たちの悲しみを喜びに変えられる主に感謝しよう。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 08:13
-, -, - -