RSS | ATOM | SEARCH
2018年1月21日主日礼拝

2018121(No.43)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《降誕節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉         ヨハネによる福音書3章16節(20)

頌  栄    4

交読詩編   詩篇100編1〜5節       109頁

祈    り

聖  書    エレミヤ書1章4〜10節     1172頁

マルコによる福音書1章14〜20節 61頁

讃 美 歌      433

説  教  「招く声に応えて」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   516

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

東京神学大学長野後援会役員会(於:松本東教会)15時より  

夕礼拝 18時より

祈祷会 25日(木)マタイによる福音書14章22〜36節の学びと祈り

清 掃   日27日(土)

次週主日の予告      

聖  書:箴言219節、マルコによる福音書419

説  教:「神の蒔かれた種」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編12616節  讃美歌:5005541227

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10     

教会懇談会 礼拝後

夕礼拝(北信キリスト教協議会一致祈祷礼拝)18〜19時    

北信キリスト教協議会役員会 19時より

◎次々週の讃美歌:25、499、18、81、24

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男  女                                       

主日礼拝 9  20  0  29    教会学校  0  0   0    

祈 祷 会   2  3 0  5   夕 礼 拝  1  1   2 

文語訳聖書を学ぶ会 男3、女12 計15

☆おしらせ

*次週の礼拝後、教会懇談会を持ちます。長野教会の今年度の歩みについて、課題を共有し、共に祈りを合わせたいと思っています。ぜひ、ご出席ください。昼食(軽食)の用意があります。

*1月18日〜25日は日本キリスト教協議会とカトリック中央協議会の共催で「キリスト教一致祈祷週間」と定められています。長野教会が加盟している北信キリスト教協議会においても、今年よりこの期間に一致のための祈りが献げられることになりました。17日に在日大韓キリスト教長野教会、24日(水)長野本郷教会の祈祷会に合流するかたちで行われ、28日(日)の当教会夕礼拝を「一致祈祷礼拝」としてまもる予定です。ご出席いただければ幸いです。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

◆会堂提供:ゴスペル・クワイヤ 27日(土) 10〜12時

●先週の説教より  マルコによる福音書1章9〜11節

  主イエス・キリストが、洗礼者ヨハネから「罪の赦しを得させるための悔い改めの洗礼」を受けたのには、神様の決断があり、その神様の決断に従う御子イエス・キリストの強い意志が示されている。主イエス・キリストは、この洗礼によって、私たち人間を苦しめ、滅ぼそうとする罪の世界・死の世界に、無力な姿で入ってこられたのである。主イエスの受洗には、既に十字架に向かう意思が明らかにされている。神様はこの時、愛する御子イエス・キリストを既に十字架につけ、私たちの罪の贖いとすることを決断しておられたのである。主イエス・キリストが洗礼を受けた時「天が裂けた」と御言葉は語る。天と地を隔てているのは、私たちの罪であると御言葉は語る。その罪の幕を神様が裂いて、私たちのところに来られた。神様は私たちの人生の中で罪の力と戦い、勝利してくださっているのである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 10:14
-, -, - -
2018年1月14日主日礼拝

2018114(No.42)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《降誕節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉        イザヤ書40章9b〜10a(19)

頌  栄    83−1

交読詩編   詩篇36編6〜10節        39頁

祈    り

聖  書    出エジプト記14章15〜25節     116頁

       マルコによる福音書1章9〜11節    61頁

讃 美 歌      69

説  教  「神の決意」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   280

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    26

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

婦人会主催文語訳聖書を学ぶ会(箴言8章)  礼拝後  

夕礼拝 18時より

祈祷会 18日(木)マタイによる福音書14章13〜21節の学びと祈り

共同墓地設置特別委員会19日(金)14時より

婦人会ハンドベル練習 20日(土)10時30分〜正午

清 掃   日20日(土)狹帖\吃А鶴巻 宏治、永島 エリ

次週主日の予告      

主日礼拝 2018年1月21日(日)午前10時20分より  

聖  書:エレミヤ書1章4〜10節、マルコによる福音書11420

説  教:「招く声に応えて」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編10015節  讃美歌:443351628

教会学校(礼拝堂・母子室) 930分〜10

東京神学大学長野地区後援会役員会(於:松本東教会) 15時より

夕礼拝 18時より     

◎次々週の讃美歌:500、55、412、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男  女                                      

主日礼拝 7  21  0  28    教会学校  0  0   0

祈 祷 会  2  3   0   5   夕 礼 拝   0 0  0 

☆おしらせ

*1月28日(日)の礼拝後、教会懇談会を持ちます。長野教会の今年度の歩みについて、課題を共有し、共に祈りを合わせたいと思っています。ぜひ、ご出席ください。昼食(軽食)の用意があります。

*1月18日〜25日は日本キリスト教協議会とカトリック中央協議会の共催で「キリスト教一致祈祷週間」と定められています。長野教会が加盟している北信キリスト教協議会においても、今年よりこの期間に一致のための祈りが献げられることになりました。17日に在日大韓キリスト教長野教会、24日(水)長野本郷教会の祈祷会に合流するかたちで行われ、28日(日)の当教会夕礼拝を「一致祈祷礼拝」としてまもる予定です。ご出席いただければ幸いです。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*長老会報告があります。

●先週の説教より  ルカによる福音書2章41〜52節

  これは主イエスの12歳の時の出来事である。両親はこの時、主イエスを見失い、自分の身近なところを尋ね歩いて三日後に神殿で学者たちと語り合う主イエスを見出した。私たちも神様を見失うことがある。神様がどこにおられるのかわからないことがある。そんな時私たちは自分の考えの及ぶところで神様を捜す。しかし神様の思いと人間の思いは根本的に異なっている。「三日後」という言葉は、主イエス・キリストが十字架について死なれ、復活されるまでの期間である。主イエスが母マリアに言った「わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを、知らなかったのですか」という言葉の「父の家」とは「神に関わること」という意味であり、「当たり前」という言葉は「成っている」という意味で、受難の予告の場面でも用いられている。主イエスは常に神様との関わりの中に生きられた。私たちも御言葉に聞き、祈る時、主イエス・キリストをそこに見出す。そこに平安がある。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:17
-, -, - -
2018年1月7日主日礼拝

201817(No.41)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《降誕節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉     詩編98編1,3節(18)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇89編1〜15節        97頁

祈    り

聖  書    ゼカリヤ書8章1〜8節      1487頁

       ルカによる福音書2章41〜52節  104頁

讃 美 歌      497

説  教  「イエスはどこに」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   18

聖  餐   81

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

定例長老会  12時30分より  

◇夕礼拝 18時より

北信分区新年礼拝(上田新参町教会)8日(月)10時30分より

北信分区分区委員会(上田新参町教会)8日(月)12時30分

北信分区牧師一泊研修会(於:松代荘)8日(月)16時〜9日(火)

祈祷会 11日(木)マタイによる福音書14章1〜12節の学びと祈り

清 掃   日1月13日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝 2017年1月14日(日)午前10時20分より  

聖  書:出エジプト記141525節、マルコによる福音書1911

説  教:「神の決意」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編36610節  讃美歌:83-16928026

教会学校(礼拝堂・母子室)礼拝後   

婦人会文語訳聖書を学ぶ会(箴言8章)礼拝後

夕礼拝 18時より        

◎次々週の讃美歌:4,433,516、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計              男   女                                      

主日礼拝 8   20  1  29     教会学校  0   1   1

祈 祷 会   休会        夕 礼 拝   0  0  0 

献金受領感謝:感謝献金14件、クリスマス献金:513,500円が献げられました。

☆おしらせ

*新年おめでとうございます。新しい年も神様の恵みを数えつつ、歩みましょう。

 教会の歩みが神様の御心に適ったものとなるよう、お祈りください。

*明日1月8日(月)10時30分より、上田新参町教会にて、北信分区新年礼拝が行われます。共に主を礼拝し、聖餐、逝去者をおぼえて祈りを合わせ、受洗者の歓迎をいたします。ぜひ、ご出席ください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

●先週の説教より  マタイによる福音書2章1〜12節

  東方から来た占星術の学者たちは、ユダヤ人たちから見れば、神様から見捨てられた異邦人(外国人)であり、神様から最も遠い存在であった。その異邦人を神様が主イエス・キリストのところに、彼らの専門領域の「星」を用いて導かれた。しかし、「星」を頼りに行くことには限界があった。それはこの世の知識では神様の救いを見出すことが出来ないことを示している。しかし、聖書の預言の言葉が彼らに示される。彼らは御言葉に従ってベツレヘムに向かう。彼らを導いた星も彼らに先立って進み、主イエスのおられるところに留まる。彼らは喜びに満ちあふれた。彼らの歩みが無駄でなかったことを知るとともに、彼らはそこで人生の根拠であり、目標を見出したからである。彼らは神の恵みを受けて「別の道」を歩み始めた。

  私たちにとっての「ベツレヘム」は神様を礼拝するこの場所である。ここから私たちは神様の恵みを受けて「新しい道」を歩み出すのである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 10:20
-, -, - -
2017年12月31日主日礼拝

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《降誕節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          イザヤ書40章9b〜10a節(19)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇72編1〜7節        77頁

祈    り

聖  書    イザヤ書49章7〜13節    1142

マタイによる福音書2章1〜12節  2頁

讃 美 歌      278

説  教  「最も大きな喜びの中に」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   280

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    28

     福   

後    奏     

報   告

 

 ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定 

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

会堂清掃(有志による)礼拝後

◇牧師休暇 1月1日(月)〜1月6日(土)

祈祷会日4日(木)休会

◇牧師教誨奉仕(於:長野刑務所)5日(金)17時30分〜18時30分

清 掃   日1月6日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝 2017年1月7日(日)午前10時20分より  聖餐式執行

聖  書:ゼカリヤ書818節、マタイによる福音書24152

説  教:「イエスはどこに」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編89115節  讃美歌:25497188129

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校(礼拝堂・母子室)礼拝後   

定例長老会 1230分より

夕礼拝 18時より        

◎次々週の讃美歌:83−1、69、280、26

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計                      男   女                 

主日礼拝  12  29  7 48    子どものクリスマス会  0   7   7

祈 祷 会  3  4 0 7   クリスマス・イヴ礼拝       29        

☆おしらせ

*今年も神様の導きのもと、1年の歩みがまもられましたことを感謝いたします。新しい年の歩みが神様により祝福されたものとなるよう祈りましょう。

*かねてより、東京の有明病院に入院されていた姉妹が12月24日午前2時48分、天に召されました。54歳の御生涯でした。東京の阿佐ヶ谷教会にて、横井牧師司式のもと、28日に前夜式、29日に葬儀が行われました。ご家族・ご近親の方々に主の慰めが豊かにありますように、お祈りください。

*クリスマスの恵みに感謝して、クリスマス献金をお献げください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*2018年1月8日10時30分より上田新参町教会にて、北信分区新年礼拝が行われます。諸教会が共に集い、主を礼拝し、聖餐に与ります。ぜひ、ご出席ください。

*教会通信「ぶどうの木」の原稿を募集しています。ぜひ、ご投稿ください。

●先週の説教より  ルカによる福音書1章39〜56節

  主イエスの「母」となる役割を与えられたマリアは、親類エリサベトのところに行って、共に神の恵みを確認した。主なる神様が憐れみを決してお忘れにならない方であることをマリアは確認した。神様は天に鎮座されて動かない方ではなく、落ち着かないほどに動かれる方である。低きに降られて、苦しみの中にある者、飢え渇きの中にある者を救われる神様であることをマリアは知った。「身分の低いこの主のはしためにも目を留めてくださったからです」とマリアは主を賛美した。神様が目を留めてくださっている、ということを知ることほど、うれしいことはない。神様は私たちが辛いときも、泣いている時にも、神様の存在を私たちが忘れている時にも、私たちに目を留め、私たちを憐れんでくださっているのである。マリアの知った神様の憐れみの出来事が「波紋」となって、今私たちのもとに届いている。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 11:04
-, -, - -
2017年12月24日主日礼拝(クリスマス礼拝)

20171224(No.39)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《クリスマス礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉       イザヤ書60章1〜2節

頌  栄    26

交読詩編   詩篇113編1〜9節        126頁

祈    り

聖  書    サムエル記上2章1〜10節    429頁

ルカによる福音書1章39〜56節 100頁

讃 美 歌      242

洗   礼       67 (日本基督教団信仰告白)

説  教  「神様の計画はすばらしい!」 横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   258

聖  餐   261   

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    260

     福   

後    奏     

報   告

 

※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

子どものクリスマス会(牧師室)9時〜10

写真撮影 礼拝後

クリスマス愛餐会 写真撮影後

クリスマス・イヴ礼拝 18時〜19時 

クリスマス・イヴ茶話会 19時〜20

祈祷会日28日(木)マタイによる福音書14章1〜12節の学びと祈りの交わり

清 掃   日12月30日 今週はありません。

次週主日の予告      

主日礼拝 2017年12月31日(日)午前10時20分より

聖  書:イザヤ書49713節、マタイによる福音書2112

説  教:「最も大きな喜びの中に」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編7217節  讃美歌:2527828028

教会学校(礼拝堂・母子室)礼拝後

会堂掃除(有志)礼拝後

夕礼拝 18時〜        

◎次々週の讃美歌:4、497、18、81、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 10  21  3 34    教会学校  0   2   2

祈 祷 会   2  4 0 6   夕 礼 拝   0  0  0

橋爪兄姉宅家庭集会 男2、女7計9

☆受洗者紹介:神様の恵みにより、新た一人の兄弟が主の教会の群れに加えられました。感謝です。

☆おしらせ

*クリスマスおめでとうございます。私たちの救いのためにこの世に来られた主イエス・キリストのご降誕を心よりお祝いいたしましょう。礼拝後、全員で写真撮影をした後、クリスマスの愛餐会を行います。ぜひ、ご出席ください。また、午後6

 よりクリスマス・イヴ礼拝が行われます。そちらもぜひ、ご出席ください。

*クリスマスの恵みに感謝して、クリスマス献金をお献げください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

●先週の説教より  マルコによる福音書1章1〜8節

 「神様に見捨てられた」とさえ思っている民のところに、神様が来られ、新しい救いの御業をおこなわれることを告げたイザヤ書の預言。その成就を、福音書記者マルコは、「洗礼者ヨハネの出現」に見た。そしてそれが主イエス・キリストによって実現される「福音の初め」であるとした。「悔い改め」とは、出発点に立ち帰ることである。神様との関係における出発点に。そのためには、主なる神様を「わたしの神」として、神様に栄光を帰し、神様の赦しがなければ、自分に救いはないことを認めていかなくてはならない。「自分自身に絶望する」ことにより、神様から生きる勇気をいただくのである。神様は私たちのすべてをご存じであり、私たちを救うためにご自身の御子イエス・キリストを私たちのために、遣わしてくださった。

  洗礼者ヨハネはキリストについて「私よりも後に来る方は私よりも優れた方である」と証した。「優れている」と訳されている言葉は「力ある」という意味である。キリストは救いを実現する力を持っておられる。キリストは聖霊に私たちを浸す(聖霊による洗礼)。主の御業が私たちになされる時、私たちは神が共にいて、私たちを生かしてくださっていることを知る。それが私たちのクリスマスである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 10:27
-, -, - -
2017年12月17日主日礼拝

20171217(No.38)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《待降節第三主日》

 

 

前  奏    

招きの言葉        マルコによる福音書1章15節(13)

頌  栄    500

交読詩編   詩篇85編1〜14 節       93頁

祈    り

聖  書    イザヤ書40章1〜11節      1123頁

マルコによる福音書1章1〜8 節  61頁

讃 美 歌      241

説  教  「荒れ野に広い道を通せ」  横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   242(1〜3

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定 

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

婦人会クッキー作り   礼拝後

夕礼拝   18時より

橋爪兄姉宅家庭集会  18日(月)18時30分より

祈祷会 21日(木)マタイによる福音書13章53〜58節の学びと祈り

豊野清風園クリスマス礼拝 22日(金)11時〜(説教:横井牧師)

クリスマス愛餐会準備  23日午後1時より

清 掃   日23日(土)

次週主日の予告      

降誕祭(クリスマス)礼拝 2017年12月24日(日)午前10時20分より

 ☆洗礼式・聖餐式が執行されます。☆子どもも共に礼拝します。

聖  書:サムエル記上2章1〜10節、ルカによる福音書13956

説  教:「神様の計画はすばらしい!」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編11319節  讃美歌:2667242258261260

 *悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りますしょう。

子どものクリスマス会  午前9時〜10時   

写真撮影  礼拝直後  クリスマス愛餐会  写真撮影後  

クリスマス・イヴ礼拝 18時〜19時 説教「まことの光に照らされて」

クリスマス・イヴ茶話会 18時〜19時        

◎次々週の讃美歌:25、278、280、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男   女                                      

主日礼拝  9  20   2 31    教会学校  0   2   2

祈 祷 会   2  3  0 5   夕 礼 拝   0  0    0

☆おしらせ

*次週はいよいよクリスマスです。主イエス・キリストをお迎えする用意を整え、喜びのクリスマスを共に迎えましょう。今年はクリスマス礼拝・祝会もクリスマス・イヴ礼拝も12月24日(日)に行います。多くの方にクリスマスの喜びを知らせましょう。クリスマスのチラシをお用いて、ご家族やご友人をお誘いください。

*クリスマスの恵みに感謝して、クリスマス献金をお献げください。

*クリスマスの寄せ書きにぜひ、一言お書きください。

*明日12月18日(月)18時30分より家庭集会を行います。クリスマスの喜びを分かち合います。出席ご希望の方は、橋爪御夫妻までお伝えください。当日は夕食を済ませてお集まりください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

●先週の説教よりエレミヤ書36章1〜10、マルコによる福音書7章1〜13

 旧約聖書の神様は「裁きの神様」、「怒りの神様」であるように思われている。しかし、神様の真実な姿は「愛なる神」であり、「(契約に)誠実な神」なのである。その神様を私たち人間はないがしろにしている。神様の言葉を聞かず、神様に自らを委ねようとせず、神様に背を向けて、離れて行こうとする。そのような私たちに警告を与えるために神様は怒りの拳を振り上げるが、私たちが神様に立ち帰り、悔い改めるならば、神様は私たちの罪と咎を赦してくださる。神様は私達を救うためにご自身の御子をこの世に遣わされ、十字架に引き渡された。その神様が私たちに災いをくだされるはずがない。だからこそ神様に信頼し、御言葉に聞きつつ歩みたい。

author:長野教会, category:過去の週報, 10:38
-, -, - -
2017年12月10日主日礼拝

20171210(No.37)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《待降節第二主日》

 

 

前  奏    

招きの言葉          イザヤ書24章4〜5節(12)

頌  栄    83

交読詩編   詩篇19編8 〜11 節       21頁

祈    り

聖  書    エレミヤ書36章1〜10節     1245頁

マルコによる福音書7章1〜13 節 74頁

讃 美 歌      231

説  教  「神に立ち帰るために」  横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   443

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

臨時長老会  礼拝後

夕礼拝   18時より

北信キリスト教協議会役員会(於:長野本郷教会)19時より

牧師出張(長野刑務所教誨師見学会)13日(水)14時〜16時

祈祷会日14日(木)マタイによる福音書13章44〜52節の学びと祈り

ハンドベル練習16日(土)10時30分〜12時

清 掃   日12月16日(土)

次週主日の予告      

待降節(アドヴェント)第三主日礼拝 2017年12月17日(日)午前10時20分

聖  書:イザヤ書40111節、マルコによる福音書118

説  教:「荒れ野に広い道を通せ」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編85114節  讃美歌:500241242(1〜3)、27

教会学校 午前930分〜10時   夕礼拝  18時〜19時      

◎次々週の讃美歌:26、242、258、261、260

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男   女                                      

主日礼拝  9  21   2 32     教会学校  0   2   2

祈 祷 会   2 2   0  4    夕 礼 拝   1  1    2

☆おしらせ

*待降節(アドヴェント)に入りました。主イエス・キリストをお迎えする用意を整え、喜びのクリスマスを共に迎えましょう。今年はクリスマス礼拝・祝会もクリスマス・イヴ礼拝も12月24日(日)に行います。多くの方にクリスマスの喜びを知らせましょう。クリスマスのチラシをお用いて、ご家族やご友人をお誘いください。

*礼拝後、クリスマス愛餐会の打ち合わせをいたします。A・B両班の方はお集まりください。

*クリスマスの寄せ書きにぜひ、添え書きをしていただきたいと思います。次週17日までに出来るだけ多くの方に書いていただき、お送りしたいと思います。よろしくお願いいたします。

*12月18日(月)18時30分より家庭集会を行います。クリスマスの喜びを分かち合います。出席ご希望の方は、お申し出ください。当日は夕食を済ませてお集まりください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

*長老会報告があります。

◆会堂提供 ゴスペル・クワイヤ 16日(土)15時〜18時

●先週の説教より

  「わたしの言葉は決して滅びない」という主イエスの御言葉は「あなたがたは決して滅びることがない」という約束の御言葉である。主イエス・キリストはこの御言葉を確かなものとするため、この世に幼子としてお生まれになり、私たちの悩み、苦しみをすべて味わわれ、十字架にかかって、私たちの罪を贖い、復活して、神に逆らうすべての力に勝利してくださった。だから、私たちは喜びと感謝とをもって主イエス・キリストの再臨を待ち望むことができる。再臨の時、闇の力は、瞬く間に取り去られ、私たち神様を賛美しながら御国に入る。クリスマスはこの神様の計画が始まった時である。だから、私たちはクリスマスをお祝いするのである。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 14:34
-, -, - -
12月3日主日礼拝

2017123(No.36)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《待降節第一主日》

 

 

前  奏    

招きの言葉          詩編24編9〜10節(11)

頌  栄    25

交読詩編   詩篇82編1 〜8 節       91頁

祈    り

聖  書    イザヤ書51章4〜11節     1146頁

マルコによる福音書13章24〜37 節 89頁

讃 美 歌      229

説  教  「主の救いが輝き出る」  横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   226

聖  餐   81    

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    26

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

定例長老会  1230分より

夕礼拝   18時より

臨時教区総会(於:愛宕町教会)4日13時30分より

祈祷会日7日(木)マタイによる福音書13章24〜43節の学びと祈り

清 掃   日12月9日(土)

次週主日の予告      

待降節(アドヴェント)第二主日礼拝 2017年12月10日(日)午前10時20分

聖  書:エレミヤ書36110節、マルコによる福音書7113

説  教:「神に立ち帰るために」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編19811節  讃美歌:8323144329

教会学校 午前930分〜10時   

臨時長老会  礼拝後    

夕礼拝  18時〜19時      

◎次々週の讃美歌:500、241、242(1〜3)、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 8  23  0 31    教会学校  0   0   0

祈 祷 会  2 3  0 5   夕 礼 拝   0   0    0

☆おしらせ

*長野県町教会は、本日創立125周年を迎えられました。横井牧師が長野県町教会の早朝礼拝に出席し、祝意を伝えました。

*待降節(アドヴェント)に入りました。主イエス・キリストをお迎えする用意を整え、喜びのクリスマスを共に迎えましょう。今年はクリスマス礼拝・祝会もクリスマス・イヴ礼拝も12月24日(日)に行います。多くの方にクリスマスの喜びを知らせましょう。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*病床の方、などにクリスマスの寄せ書きをします。ぜひ、一言お書きください。

待降節(アドヴェント)を過ごすにあたって

  アドヴェントとは一般的にクリスマスを迎える準備の時として受け止められています。このアドヴェントから教会の新しい年の歩みが始まります。しかし本来、アドヴェントはアド(向かって)ヴェニオー(来る)に由来し、私たちの主イエス・キリストが再び来られる時を待望する時です。主イエス・キリストの再臨は「世を裁くために来られる」と言われます。そのため教会はこの期間を受難節(レント)と同様、悔い改めの時としてきました。しかし、キリストの再臨は恐れながら待つものではありません。その日は私たちにとって喜びの時です。なぜならば、この第二の到来を真の喜びの時とするために、キリストが独りの幼子としてこの世に来られた「第一の到来」(クリスマス)があったのです。キリストは、人間の罪がこの世を支配しているところに、来られ、私たちと共にいてくださる神の御子として罪と戦って、勝利してくださいました。それが十字架と復活の福音です。私たちは福音を信じることにより、救いが保証されているのです。キリストの再臨は救いの完成であり、クリスマスはその始まりです。恵みを思いつつこの時を過ごしましょう。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 10:54
-, -, - -
2017年11月26日主日礼拝

20171126 (No.35)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉     ガラテヤの信徒への手紙3章28節(9)

頌  栄    25          

交読詩編   詩篇89編20 〜30 節       98頁

祈    り

聖  書    イザヤ書61章1〜3節      1162頁

       ルカによる福音書7章18〜23 節 115頁

讃 美 歌      521

説  教  「あなたを待っていました」

            今井 裕子伝道師(長野県町教会)

祈    り

讃 美 歌   169

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    26   

後    奏      (黙祷)

報   告

 

  ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定 

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

今井裕子先生を囲んでのお茶会   礼拝後

大掃除    お茶会後

夕礼拝   休会

◇牧師出張  〜27日(月)西静分区諸教会問安と遠方病床者訪問

祈祷会日30日(木)マタイによる福音書13章18〜23節の学びと祈り

清 掃   日12月2日(土)

次週主日の予告      

待降節(アドヴェント)第一主日礼拝 2017年12月3日(日)午前10時20分より

 聖餐式が執行されます。

聖  書:イザヤ書51411節、マルコによる福音書132437

説  教:「主の救いが輝き出る」 横井 伸夫牧師

交読詩編:詩編82編1〜8節  讃美歌:252292268127

*悔い改め・喜び・感謝をもって主の聖餐に与りましょう。

教会学校 午前930分〜10時   定例長老会  1230分    

夕礼拝  18時〜19

*長野県町教会125周年記念礼拝・祝賀会 

◎次々週の讃美歌:83、231、443、29

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計             男   女                                      

主日礼拝  6  26   2 34    教会学校  0   2   2

祈 祷 会   3  5  0 8   夕 礼 拝   0  0    0

音楽伝道集会     計48   文語訳聖書を学ぶ会 男2、女13 計15

☆おしらせ

*本日は横井牧師出張のため、長野県町教会今井裕子先生に説教奉仕をしていただきました。感謝いたします。礼拝後、今井先生を囲んでお茶の会をいたします。なお、長野県町教会は、次週創立125周年を迎えられます。祝意を表します。

*先週主日の午後行われた音楽伝道集会「歌のたまてばこPart2」は神様の導きと皆様のお祈りとご奉仕により、恵み豊かな会となりました。講師の汐碇先生を通して主を賛美する喜びが伝えられ、ゴスペル・クワイヤとの交わりが与えられました。感謝いたします。

*横井牧師は25日(土)より横井牧師は教区の伝道委員として西静分区諸教会(浜松教会・浜北教会・袋井教会)を問安しています。本日は袋井教会の講壇奉仕をいたします。お祈りください。なお、横井牧師は東京在住の病床の教会員をお見舞いするため、明日27日まで出張します。お祈りください。

*次週より待降節(アドヴェント)に入ります。主イエス・キリストをお迎えする用意を整え、喜びのクリスマスを共に迎えましょう。今年はクリスマス礼拝・祝会

 もクリスマス・イヴ礼拝も12月24日(日)に行います。多くの方にクリスマスの喜びを知らせましょう。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

*洗礼を受ける希望をお持ちの方、あるいは転入会の希望をお持ちの方は牧師までご相談ください。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 18:49
-, -, - -
2017年11月19日主日礼拝

20171119(No.34)

主日礼拝

「父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい」

ヨハネによる福音書15章9節

 

《聖霊降臨節礼拝》

 

 

前  奏    

招きの言葉          ヨハネによる福音書4章23節(8)

頌  栄    4

交読詩編   詩篇77編5 〜16 節       83頁

祈    り

聖  書    出エジプト記6章2〜13節    101頁

マルコによる福音書13章3〜13 節 88頁

讃 美 歌      152

説  教  「福音が伝えられるために」横井 伸夫牧師

祈    り

讃 美 歌   516

信仰告白   使徒信条

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    27

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

音楽伝道集会「歌のたまてばこPart2〜宗教改革とクリスマス〜」130分〜

夕礼拝   18時〜19

故藤澤喜久以姉埋骨式(於:花岡平墓地)21日(火)10時より

祈祷会日23日(木)マタイによる福音書13章1〜16節の学びと祈り

◇牧師出張25日(土)〜27日(月)教区伝道委員として静西分区問安

清 掃   日25日(土)

次週主日の予告      

主日礼拝    2017年11月26日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書6113節、ルカによる福音書71823

説  教:「あなたを待っていました」 今井 裕子伝道師(長野県町教会)

交読詩編:詩編892030節  讃美歌:2552116926

教会学校 午前930分〜10時   

今井裕子先生とのお茶の会  礼拝後 

大掃除   お茶の会の後

夕礼拝  牧師不在のため休会      

◎次々週の讃美歌:25、229、226、81、27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計            男   女                                      

主日礼拝 6  21   0 27    教会学校  0   0   0

祈 祷 会  2   2   0  4   夕 礼 拝   0  0   0

☆おしらせ

*いよいよ本日、音楽伝道礼拝「歌の玉手箱―Part2―」(講師:汐碇直美先生)が行われます。宗教改革やクリスマスの歌を共に歌います。ぜひ、準備などにご協力ください。軽食の用意があります。

*25日(土)より横井牧師は教区の伝道委員として西静分区諸教会(浜松教会・浜北教会・袋井教会)を問安いたします。26日の主日は袋井教会の講壇奉仕をいたします。お祈りください。なお、東京在住の病床の教会員をお見舞いするため、27日(月)まで出張します。お祈りください。

*次週礼拝後、大掃除を行います。ご協力をお願いいたします。

*来年の「星野富弘カレンダー」や「聖句入り日めくりカレンダー」などの購入を希望される方は、所定の用紙にてお申し込みください。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*「共同墓地建設のための献金」にご協力ください。祈りつつ献げましょう。

*クリスマスに洗礼を受ける希望をお持ちの方、あるいは転入会の希望をおもちの方はお早めに牧師までご相談ください。

●先週の説教より マルコによる福音書121827

 「復活」ということは自然現象ではない。死んだら機械的にそうなるということでもない。「復活」ということは神様の偉大な恵みの力によってなされるものである。私たちのうちには神の御国に入る力も資格もない。しかし、その私たちのために神様は全能の力を発揮されたのである。主なる神がアブラハムと契約を結ばれた時のように、御子キリストが十字架の上でその体を裂き、血を流して、私たちとの新しい契約を締結してくださった。この神の御業によって私たちは神の御国に入り、天使のように、ただ神を礼拝し、神に仕える者として生き続けるのである。神の恵みの力はもう既に私たちをとらえている。そこに私たちの幸いがある。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 10:16
-, -, - -