RSS | ATOM | SEARCH
2018年10月14日主日礼拝

20181014(No.29)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        詩編100編1〜2節(1)

頌  栄    83―1

詩編交読   詩篇26編1〜12節      21

祈    り

聖  書  出エジプト記2章11〜22節    95頁

       マルコによる福音書14章66〜72節 94頁

讃 美 歌     513

説  教  「神の御手の中での涙」坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   197

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10  

伝道委員会 礼拝後

婦人会主催聖書研究会(ローマの信徒への手紙14章)礼拝後

夕礼拝 18時より

北信キリスト教協議会役員会(長野本郷教会) 19時より

北信分区牧師会(於:信州中野教会)15日(月)10時30分より

故小野泉さん記念会(於:花岡平墓地、他)16日(火)

祈祷会 18日(木)マタイによる福音書24章1〜14節の学びと祈り

ハンドベル練習20日(土)10時30分より 

バザー準備 20日午後1時より

清 掃   日 20日(日)仲田 忍、仲田 真平、仲田 草苑子

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年10月21日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書2519節、マタイによる福音書5112

説  教:「祝福の宣言」 坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編146110節  讃美歌:443345126

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

教会バザー 13〜15時    

夕礼拝   18時より    

◎次々週の讃美歌:25,58、522、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計          男  女                                      

主日礼拝 8  25  2  35    教会学校 0  2   2

祈 祷 会 2   4 0 5   夕 礼 拝  2  0  2

おしらせ

*10月21日に教会バザーが行われます。教会の宣教活動のため、また、被災地支援のために行います。献品を募っております。ご協力ください。チラシが出来ております。ぜひ、お用いください。また、前日20日に商品の陳列、値付けなどを行います。多くの方のご協力を希望します。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*西日本豪雨災害被災地支援・北海道胆振東部地震や他の被災地のための救援募金を行っています。祈りつつ献げましょう。

*長老会報告があります。

先週の説教より☆  マルコによる福音書14章53〜65節

 福音書は「ナザレのイエスとは誰か」ということを初めから終わりまで通して語っている。最初に主イエスが誰であるかを語ろうとしたのは「悪霊」(1章)であった。しかし、主イエスは悪霊にものを言うことをお許しにならなかった。8章では弟子のペトロが、主イエスが誰であるかを言い表した。「あなたはメシア(キリスト:救い主)です」というペトロの告白である。そしてこの14章におけるイエスの裁判においても、「イエスは誰か」という問いが投げかけられる。

 裁判の席には多くの偽証人が主イエスを死刑にしようと「偽証」を並べたてる。しかし、彼らの証言は食い違い立証ができない。主イエスは沈黙し応えない。業を煮やした大祭司が主イエスに「お前はほむべきものの子メシアなのか」と尋ねた。その時主イエスは口を開き「そうです」と答えた。この「そうです」という言葉は、原語は「エゴー・エイミー」という言葉である。これは出エジプト記で主なる神様がご自身の名前を尋ねられたとき「「わたしはある」。「わたしはある」という者だ。」と言われた言葉と同じであり、メシアが到来する時に語られる言葉とされていた。そして主イエスは詩編1101節とダニエル書713節を引用して、ご自身が終末の時に権威を受けて到来するメシアであることを宣言された。私たちはこの世で様々な試練に遭う。その試練の時、私たちが主を尋ね求めれば、主イエスは「わたしはここにいる」とご自身の真実を明らかにしてくださる。

 

author:長野教会, category:過去の週報, 09:18
-, -, - -