RSS | ATOM | SEARCH
2018年11月11日主日礼拝

20181111(No.33)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《聖霊降臨節》

 

 

前  奏    

招きの言葉        イザヤ書43章1節(5)

頌  栄    25

詩編交読   詩篇105編1〜11節      115頁

祈    り

聖  書  創世記18章9〜15節   23頁

      ルカによる福音書3章7〜8節  105頁

讃 美 歌     16

説  教  「あなたも約束の子」坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   270(54年版)

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    29

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

会堂管理委員会 礼拝後  

婦人会主催聖書研究会(ヨハネの黙示録12章)礼拝後

夕礼拝 18時より

分区牧師会(於:長野教会)12日(月)10時30分〜14時30分

祈祷会 15日(木)マタイによる福音書25章1〜13節の学びと祈り

教会会計中間監査  17日(土)14時より

清 掃   日 17日(土)18日に大掃除を行うため今回は行わない。

次週主日の予告      

◇主日礼拝 2018年11月18日(日)午前10時20分より 

聖  書:出エジプト記316節、ルカによる福音書202740

説  教:「神によって生きる」 坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編77121節 讃美歌:457547127

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10

大掃除 礼拝後

夕礼拝 18時より    

◎次々週の讃美歌:25,472、8、28

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男   女                                      

主日礼拝 8  21  2  31     教会学校  0  2   2

祈 祷 会 2  2 0 4   夕 礼 拝  2  0  2

おしらせ

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*西日本豪雨災害被災地支援・北海道胆振東部地震や他の被災地のために救援募金を行っています。祈りつつ献げましょう。受付の募金箱にお願いします。

*次週、礼拝後大掃除を行います。できるだけ短時間で行いたいと思いますので多くの方のご協力を希望します。軽食の用意があります。

*長老会報告があります。

先週の説教より☆  創世記9章12〜15節、ルカによる福音書11章33〜36節

 主なる神様は「洪水」の後に「人に対して大地を呪うことは二度とすまい。人が心に思うことは幼い時から悪いのだ。わたしはこのたびしたように生き物をことごとく打つことは、二度とすまい」と誓われた。神様は人間の心の中に「悪」があることを見抜いておられる。その上で神様は人間も大地も滅ぼすことはない、と誓われた。神様は虹を「契約のしるし」とされた。神様は雲の中に虹が現れる度に、ご自身と人間やすべての生き物との契約を心に留められるのである。神様が「心に留められる」ということこそ、私たちの救いなのである。人間の悪がいかにこの世に満ちているようであっても、神様が救いの御業がなされるとき、私たちは水の中をくぐり抜けてきたように救われるのである。

 神様は、私たちの心にも働いてくださる。主イエス・キリストは「だからあなたの中にある光が消えていないか調べなさい」と言われた。この「光」は主イエスの御言葉であり、御業である。わたしたちはこの世において主イエスの福音を聞くとき、この世のいろいろな価値観や思いに遮られて福音を正しく受け止めることが出来ない。悪の力、罪の力が福音の光を私たちの心に届かないようにしようとする。しかし、天地を創造された父なる神が私たちの心に対しても「光あれ」と言われる時、私たちの心に光が生じる。灯火が灯る。自分の人生が暗いと思ったならば、神様に「主よ、わたしの心に光を灯してください」と祈り求めたらよいのである。神様はキリストを通して約束された私たちとの契約を常に思い起こされ、私たちを救われる。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 13:43
-, -, - -