RSS | ATOM | SEARCH
2018年12月9日主日礼拝

2018129(No.37)

主 日 礼 拝

「万軍の主の熱意がこれを成し遂げる」

(イザヤ書96節)

 

《待降節第二主日》

 

 

前  奏    

招きの言葉        イザヤ書40章4〜5節(12)

頌  栄    242-2

詩編交読   詩篇19編8〜11節      21頁

祈    り

聖  書   イザヤ書55章1〜11節  1152頁

ルカによる福音書4章14〜21節  107頁

讃 美 歌     16

説  教  「預言の成就」 坩罅/夫牧師

祈    り

讃 美 歌   270(54年版)

信仰告白

献    金   

祈    り

主の祈り  

頌    栄    24

     福   

後    奏     

報   告

 

   ※讃美歌、交読詩編、主の祈り、使徒信条、祝福は、お立ちいただける方のみお立ちください。

今週の予定  

教会学校(於:礼拝堂・母子室)9時30分〜10

婦人会例会(韓国料理作り)    12時30分より

牧師出張:分区長として篠ノ井教会を問安 15時より

夕礼拝 18時

祈祷会 13日(木)マタイによる福音書26章14〜25節の学びと祈り

清 掃   日 15日(土)

次週主日の予告      

◇待降節第三主日礼拝 2018年12月16日(日)午前10時20分より 

聖  書:イザヤ書11110節、ルカによる福音書12638

 説  教:「喜びの中へ」坩罅/夫牧師

交読詩編:詩編85214節  讃美歌:242324817529

教会学校(礼拝堂・母子室)930分〜10時  

クリスマス委員会   礼拝後     

夕礼拝 18  

◎次々週の讃美歌:234−4、258、263、260,27

先週の集会出席者数  

       男 女  子 計           男   女                                      

主日礼拝 5 20   2  27     教会学校  0  2   2

祈 祷 会 2  4  0 6  夕 礼 拝  2  0  2

おしらせ

*待降節(アドヴェント)の時を過ごす。悔い改めと喜びと感謝と主のご降誕(クリスマス)をお迎えする用意を整えていきましょう。

*クリスマスの諸教会にご家族・ご友人をお誘いください。受付にありますチラシをお用いください。

*クリスマスの恵みに感謝してクリスマス献金をお献げください。月定献金の袋か所定の袋を用いてください。

*クリスマスの寄せ書きをお送りしたいと思います。集会室にある用紙に一言お書きください。クリスマスの喜びと慰めを伝えましょう。

*病床の方や礼拝を長期に渡り、欠席されている方々のことをおぼえて祈りましょう。

*西日本豪雨災害被災地支援・北海道胆振東部地震や他の被災地のために救援募金を行っています。祈りつつ献げましょう。受付の募金箱にお願いします。

*長老会報告があります。

先週の説教より☆  ルカによる福音書21章25〜36節

 アドヴェントは「クリスマスを待つ時」であるというよりも、「キリストをお迎えする備えの時」である。最初のキリストの到来の時には神様によって示された人々にしか、その事が明らかにされなかった。しかし、主イエス・キリストが再び来られる第二の到来の時はすべての人の目に明らかなかたちで訪れる。その直前には戦争や暴動また災害が起こり、教会は迫害を受け、裏切りが起こる。苦難の時代である。その後、天変地異が起こる。その時、神様を必要とせず生きていた者は自分の足で立てなくなる。神様の御言葉、神様の愛を軽んじて生きていた者には気絶してしまうような恐ろしい状況となる。そのような時に主イエスは「このようなことが起こり始めたら、身を起こして頭を上げなさい。あなたがたの解放の時が近いからだ」と言われた。「解放」ということは「死」や「苦しみ」からの解放もあるが、「不信仰」や「恐れ」、「臆病」からの解放である。この「解放」が私たちの救いである。この救いは旧約聖書の時代に既に預言され、主イエス・キリストの十字架と復活によって実現した。私たちはその完成を待ち望みながら「今」という時を生きるのである。

 

author:長野教会, category:今週の週報, 09:32
-, -, - -